玉木宏、2017年を表す漢字は“繋” その理由に新木優子&吉沢亮も共感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月12日 > 玉木宏、2017年を表す漢字は“繋” その理由に新木優子&吉沢亮も共感
メニュー

玉木宏、2017年を表す漢字は“繋” その理由に新木優子&吉沢亮も共感

2017年12月12日 21:45

2017年は「繋」「悪と仮面のルール」

2017年は「繋」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 芥川賞作家・中村文則氏による小説を映画化した「悪と仮面のルール」のプレミア試写会が12月12日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の玉木宏をはじめ共演の新木優子吉沢亮、原作の中村氏、メガホンをとった中村哲平監督が舞台挨拶に出席した。

米ウォール・ストリート・ジャーナルの「2013年のベストミステリー10作」に選出され、世界的な注目を集めた中村氏のサスペンス小説が原作。“純粋悪”となるために育てられた男(玉木)が、心から愛する香織(新木)を守るため、深い闇に落ちていく姿を描いた。

顔を整形し、別人となり陰ながらヒロインを守る主人公に扮した玉木。役どころを「難しく考えてしまうと、非常に難しいものになってしまう。しかし根底にあるのは香織へのピュアな思い。考え方としてはシンプルに演じました。愛、ですね」と振り返り、「究極のラブストーリー」「自分にも命をかけてでも守りたい人がいるか、と想像させてくれると思う。138分、しっかり見て頂ける作品になっています」とアピールに努めた。

ヒゲをはやしたテロリスト役に挑んだ吉沢は、「ヒゲをはやした役は初めてです」と話す。原作・中村氏の大ファンだそうで、「隣りにいるのも緊張します」と肩をすぼめ、「中村先生の作品はほぼ全て読んでいますから、出演が決まって、単純にビビりました。嬉しいとは思いつつ、好きな作品を壊してはいけないとプレッシャーもありました」と吐露していた。

一方の中村氏は、キャスト陣に「素晴らしく感動しました。原作者として幸せ」と最大級の賛辞を送る。そして「玉木さんは存在感や表情が素晴らしかった。新木さんはオーラが全身から出ています。吉沢さんも役柄によって顔つきや雰囲気、表情が変わる。可能性の塊だと感じた」とべた褒めで、「吉沢さんを初めてみた時に、『すごい顔面だ』と思った。玉木さんにも新木さんにも思った。3人は骨格が(一般と)根本的に違う」と独特の表現を付け加えていた。

また同日に京都・清水寺で“今年の漢字”が発表されたことにちなみ、玉木も2017年を表す漢字を明かすことに。「繋」と書かれたフリップを掲げた玉木は「僕自身も先月、舞台を4年ぶりにやらせてもらいました。お客様と僕らを繋ぐ、そういうことを感じた」としみじみ説明する。これを受け新木は「私も今年、人との繋がりが大切だと感じる機会がすごく多かった。同じ気持ちです」、吉沢も「作品は皆さんに見てもらって、やっとこさ完成するもの。お客さんとの繋がりはすごく大切ですよね」と共感を寄せていた。

悪と仮面のルール」は、2018年1月13日から新宿バルト9ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi