菜食主義の女学生が生肉の味に目覚める…「RAW」意味深なポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月11日 > 菜食主義の女学生が生肉の味に目覚める…「RAW」意味深なポスター公開
メニュー

菜食主義の女学生が生肉の味に目覚める…「RAW」意味深なポスター公開

2017年12月11日 18:00

第69回カンヌ国際映画祭で 批評家連盟賞を受賞「RAW 少女のめざめ」

第69回カンヌ国際映画祭で
批評家連盟賞を受賞
(C) 2016 Petit Film, Rouge
International, FraKas Productions.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞に輝いた「RAW 少女のめざめ」のポスターが、公開された。

フランスの新鋭ジュリア・デュクルノー監督が長編初メガホンをとり、6月に行われたフランス映画祭2017ではチケットが完売になるなど映画ファンの関心を集めた本作。第41回トロント国際映画祭、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭ほか多数の映画祭で賞に輝き、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では90%(12月8日時点)を記録している。

厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、家族と同じ獣医学校に入学した16歳のジュスティーヌ(ガランス・マリリエール)。寮生活を送り始めたジュスティーヌは、新入生の通過儀礼として生肉を食べることを強要されてしまう。学校になじむために家族のおきてを破り生肉を食べたジュスティーヌだったが、その日を境に隠されていた本性があらわになり、次第に変貌を遂げていく。

ポスターは、ジュスティーヌが鼻から血を垂らすショッキングかつ意味深なデザイン。ジュスティーヌの唇の上に、生の食べ物を意味する“RAW”の文字が乗っているのも、象徴的な演出といえる。さらに、「知ってしまった味(タブー)」というキャッチコピーが、ジュスティーヌの身に起こる“変化”を予感させる。

RAW 少女のめざめ」は、2018年2月2日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで全国公開。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi