故キャリー・フィッシャーさんに捧げた「最後のジェダイ」観客6000人の心震わす! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月11日 > 故キャリー・フィッシャーさんに捧げた「最後のジェダイ」観客6000人の心震わす!
メニュー

故キャリー・フィッシャーさんに捧げた「最後のジェダイ」観客6000人の心震わす!

2017年12月11日 00:08

ファン6000人から大歓声「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

ファン6000人から大歓声
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ライアン・ジョンソン監督がメガホンをとった全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のワールドプレミアが12月9日(現地時間)、米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われ、世界同時公開に先駆けて、約6000人のファンが鑑賞した。

上映前には、ジョンソン監督のほか、メインキャラクターを演じたデイジー・リドリージョン・ボヤーガアダム・ドライバーマーク・ハミルら主要キャストによる舞台挨拶も行われた。役名とともにキャストをひとりずつステージに呼びこんだジョンソン監督が、記念すべき世界初上映を「キャリー・フィッシャーに捧げる」と宣言すると、場内は拍手喝さい。さらに「スター・ウォーズ」を愛してやまないファンたちの良心を信じて「これから見る人の楽しみを台無しにしないようにしてほしい」と“ネタバレ厳禁”を訴えかけていた。

ルーカスフィルムのロゴがスクリーンに映し出された瞬間、観客のボルテージは一気に急上昇。次いで、ジョン・ウィリアムズによるお馴染みのテーマソングとともにオープニングロールが投影されると、そのテンションは最高潮に達した。上映中は何度も客席から爆笑が巻き起こるという「スター・ウォーズ」シリーズには珍しい現象に加え、予想もつかない展開の連続に、思わず“息を呑む”音が聴こえたほど。ラストカットが終わり、エンドロールが流れた瞬間、その満足度を表すかのように、割れんばかりの拍手が場内に響き渡った。

ジョンソン監督が仕掛けた数々の“衝撃”によって、何度も感情を揺さぶられることになった観客たち。サン・クレメンテから来たという10歳の少年が「次作に続く説得力があった!」と語ると、その母親は「私としては、これまでの『スター・ウォーズ』シリーズでベスト1ね」と満面の笑み。一方、ルイジアナから訪れていた男女は「エモーショナルなストーリーがいい」「ポジティブなメッセージがある」「オペラ的で素敵なシーンがあった」と絶賛していた。

妻とともに来場していた90歳の男性は、特に後半パートにクギづけになったようで「あなたはどう思った?」と逆質問するほど興奮を隠しきれない様子。ハリウッドから来た40代の男性は「『スター・ウォーズ フォースの覚醒」よりも好きだった」と前置きしつつ「(同シリーズのなかでは)最もファニーだったね」と告白した。さらに劇中で描かれた“衝撃”のポイントについては「このようなことが起こるということは思ってもいなかった」と舌を巻いたようで「ビジュアル的にもすごくゴージャスだった」と納得の表情を浮かべていた。

スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は12月15日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi