映画製作過程で東南アジアの“戦争の爪痕”が垣間見える「潜行一千里」予告編披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月3日 > 映画製作過程で東南アジアの“戦争の爪痕”が垣間見える「潜行一千里」予告編披露
メニュー

映画製作過程で東南アジアの“戦争の爪痕”が垣間見える「潜行一千里」予告編披露

2017年12月3日 09:00

構想10年「バンコクナイツ」の撮影を追った「バンコクナイツ」

構想10年「バンコクナイツ」の撮影を追った
(C)Yamaguchi Center for
Arts and Media [YCAM]
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第69回ロカルノ映画祭若手審査員・最優秀作品賞を受賞した富田克也監督の最新作「バンコクナイツ」(2017)の製作過程を追ったドキュメンタリー「映画 潜行一千里」の予告編とビジュアルが、このほど披露された。映画を製作する過程で垣間見えた、戦争が東南アジアに残した爪痕や、その結果生まれた歓楽街の風景などを収めている。

サウダーヂ」(11)などで知られる映像制作集団「空族」の富田監督&脚本・相澤虎之助が、構想に約10年をかけて完成させた「バンコクナイツ」。“娼婦・楽園・植民地”がテーマで、タイ東北部のイサーン地方やバンコクの日本人専門繁華街タニヤ通りを舞台に、そこへ訪れる日本人たちとタイ人女性たちが織り成す“失われた桃源郷を探す”物語を描いた。

同作に撮影・照明で参加した向山正洋が、その製作過程を追った本ドキュメンタリーは、タイ、ラオスを縦断した一千里(約4000キロ)のオールロケに迫る。次第に物語と旅が重なっていった撮影は、東南アジアの戦争史を否応なく浮き彫りにし、そこで生きる人々の抵抗をも映し出す。


画像2

[拡大画像]

「激戦区です。ここが激戦地」というつぶやきから始まる予告編では、平原をえぐる爆発の跡や、警備する兵士など、今もなお残る戦争の印を生々しくえぐり出す。一方で「いらっしゃいませ」と日本語が響く歓楽街もとらえており、その土地に息づく人々の生活がうかがい知れる内容となっている。

映画 潜行一千里」は、12月9日に山口情報芸術センターで先行上映され、同16日から東京・新宿K's cinemaで公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi