健太郎、山田裕貴と相思相愛カップル成立!?気合いの赤リーゼント&特攻服も披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月2日 > 健太郎、山田裕貴と相思相愛カップル成立!?気合いの赤リーゼント&特攻服も披露
メニュー

健太郎、山田裕貴と相思相愛カップル成立!?気合いの赤リーゼント&特攻服も披露

2017年12月2日 16:40

舞台挨拶を盛り上げた健太郎と山田裕貴「デメキン」

舞台挨拶を盛り上げた健太郎と山田裕貴
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手俳優・健太郎が長編映画初主演を飾った「デメキン」が12月2日、全国30スクリーンで公開初日を迎え、健太郎をはじめ共演の共演の山田裕貴柳俊太郎、原作者の佐田正樹(バッドボーイズ)、メガホンをとった山口義高監督らが東京・シネマート新宿での舞台挨拶に出席した。

佐田の自伝小説を映画化し、周囲から“デメキン”と呼ばれいじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族を率いる総長へと登りつめるさまを描く。キャスト陣は、気合いの特攻服姿で登場。健太郎は髪を赤く染め上げており、「無事初日を迎えられたことが、とにかくすごく嬉しい。今ここにいないキャストたちの気持ちも背負って、頑張っていきたい」と思いの丈を明かす。すると正樹の親友・合屋厚成役の山田が「プラモデルみたい」と髪の毛に茶々をいれ、健太郎は「誰がプラモデルだ!」と即座にツッコミを入れていた。

さらに健太郎は、長編映画初主演に対し「総長と主演を自分のなかで重ね合わせている部分もあって、携われることがすごく嬉しかった」と顔をほころばせる。そして「いかにキャストの皆と仲良く楽しい雰囲気を作り出せるか」をテーマに掲げていたといい、「演じる気合いは、誰にも負けないくらい入れました」と胸を張った。

自身の半生が映画化された佐田は、客席に「初日は暴走族みたいな人たちばかりが来ると思っていた」とこぼしつつ、「女性の方にたくさん来ていただいて、ありがとうございます」と頭を下げる。山田は撮影時の心構えを「作品をつくるうえで、健太郎の女房役というか、“いい奥さん”になれたらなと思っていた」と明かし、健太郎は「いい奥さんでしたよ」と頼もしげな視線を寄越した。

そして壇上では、高めあいながら作品を紡いだ健太郎&山田が、互いへの思いをぶつけ合うことに。山田が「愛してるよ」とうっとりと語れば、健太郎も「裕貴くんのこと、愛してるよ」と照れながら応じる。続けざまに山田は「俺と付き合っちゃらん?」と博多弁で提案し、健太郎が「うん……、いいよ」と快諾したため、佐田は「カップル成立ーッ!」と声を張り上げていた。

この日はほかに、出演の高橋里恩田中偉登三村和敬藤木修岩永ジョーイ神永圭佑成田瑛基笠松将も登壇。キャスト一同が、佐田の音頭で「おめえ、どこ中や?」「ぼてくりまわしちゃろうかね!?」「今日はみんなありがとね!」「おまえらのこと愛しとうけんね!」など怒号を響かせるパフォーマンスもあり、観客を大いに喜ばせていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi