ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞作品賞はスピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月29日 > ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞作品賞はスピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ」
メニュー

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞作品賞はスピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ」

2017年11月29日 14:15

作品賞のほか主演男優賞&主演女優賞も戴冠「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

作品賞のほか主演男優賞&主演女優賞も戴冠
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation
and Storyteller Distribution Co., LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞前しょう戦のひとつとして注目される、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が11月28日(現地時間)に発表され、作品賞にスティーブン・スピルバーグ監督「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」が選ばれた。

メリル・ストリープトム・ハンクス共演の本作は、1971年のアメリカを舞台に、ベトナム戦争に関する国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を隠蔽する政府に立ち向かった、ジャーナリストたちの実話を描く社会派ドラマ。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)が、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らとともに、ライバル紙のニューヨーク・タイムズと連携し真実を世に出そうとする。スピルバーグ監督作、2大オスカー俳優の共演作として注目の本作は、作品賞のほか、主演男優賞、主演女優賞も受賞した。

監督賞に輝いたのは、「レディ・バード(原題)」で長編初メガホンをとった女優グレタ・ガーウィグ。映画批評サイトのロッテントマトで「トイ・ストーリー2」を抜いて歴代最高評価を獲得した本作は、ガーウィグの出身地である米カリフォルニア州サクラメントを舞台にした彼女の半自伝的作品で、自由を渇望する女子高生クリスティンと、夫に代わって家計を支える母マリオンの複雑な母娘関係をコミカルに描いている。クリスティン役をシアーシャ・ローナン、母役をローリー・メトカーフが演じており、ガーウィグの監督賞のほか、メトカーフが助演女優賞を受賞した。

また、助演男優賞は「The Florida Project」のウィレム・デフォーが受賞。本作は、モーテルで暮らす6歳の少女と奔放な母、親子を見守るモーテルの管理人(デフォー)を描く物語で、「タンジェリン」のショーン・ベイカーが監督を務めた。

なお、優秀作品10本は「ベイビー・ドライバー」「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」「The Disaster Artist」「ダウンサイズ」「ダンケルク」「The Florida Project」「ゲット・アウト」「レディ・バード(原題)」「LOGAN ローガン」「Phantom Thread」だった。

主な受賞結果は以下の通り。

▽作品賞 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
▽監督賞 グレタ・ガーウィグレディ・バード(原題)
▽主演男優賞 トム・ハンクスペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
▽主演女優賞 メリル・ストリープペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
▽助演男優賞 ウィレム・デフォー「The Florida Project」
▽助演女優賞 ローリー・メトカーフレディ・バード(原題)
▽脚本賞 ポール・トーマス・アンダーソン「Phantom Thread」
▽脚色賞 スコット・ノイスタッターマイケル・H・ウェバー「The Disaster Artist」
▽アニメーション映画賞 「リメンバー・ミー
▽ブレイクスルー演技賞 ティモシー・シャラメットコール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)
▽新人監督賞 ジョーダン・ピールゲット・アウト
▽外国語映画賞 「Foxtrot」(イスラエル)
▽ドキュメンタリー映画賞 「Jane」
▽アンサンブル演技賞 「ゲット・アウト

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 君の名前で僕を呼んでの評論 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥の評論 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$の評論 パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi