「セトウツミ」高杉真宙&葉山奨之、お笑いコンビ組みM-1に参戦!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月28日 > 「セトウツミ」高杉真宙&葉山奨之、お笑いコンビ組みM-1に参戦!?
メニュー

「セトウツミ」高杉真宙&葉山奨之、お笑いコンビ組みM-1に参戦!?

2017年11月28日 23:55

高杉真宙&葉山奨之「セトウツミ」

高杉真宙&葉山奨之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 此元和津也氏の人気漫画をテレビ東京が連続ドラマ化した「セトウツミ」の先行上映イベントが11月28日、東京・新宿ピカデリーで行われ、ダブル主演の高杉真宙葉山奨之、演出を手がけた瀬田なつき監督が舞台挨拶に出席した。

「別冊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載中の原作は、クールなメガネ男子・内海とお調子者の瀬戸という関西の男子高校生が、放課後にまったりしゃべるだけのシンプルな内容が人気の作品。ウィットに富んだセリフとシニカルな会話の応酬が読者を魅了し、2016年には池松壮亮菅田将暉の主演、大森立嗣監督のメガホンで映画化もされた。

この日は第8話と2本のスピンオフエピソードが先行上映。瀬戸役の葉山は「スピンオフは渋谷の公園で、7分50秒くらい延々と長回ししたんです」と明かし、「一般の人のなかに紛れ込んで、本当に(掛け合いを)やっていました。リアル『セトウツミ』」と胸を張る。続けて「本当に芸人さんの感覚ってこういうことなのかなと、演じていました。『セトウツミ』としてM-1に参加しちゃう?」と勢いづいて提案すると、内海役の高杉はまんざらでもない様子でほほ笑んでいた。

さらに「映画版を意識したか?」と問われると、葉山は「どうしても比べちゃう部分がありますが、表現者としてモノマネにするのは嫌なんです。真宙とは全く違う『セトウツミ』にしようと話していて、映画は映画、漫画は漫画、ドラマはドラマ、という考えで作ろうと心がけていました」とキッパリ。高杉も「比べちゃう部分はありますし、意識はせざるを得ないところ」と認めたうえで、「人(キャスト)が違うと、間とテンポもまた変わるので、新しい『セトウツミ』になる。そういうところは意識せずにできた」と自信をにじませた。

また「渇き。」(14)で共演経験のある2人だが、高杉は今作での対面時を「『はじめまして』と挨拶しました(笑)」と振り返り、葉山は「忘れていたというか……。『渇き。』の現場はしゃべれる空気でもないし、ヘビーなシーンばかりだったので、お互い認識し合えてなかったんです」と説明。一方で高杉が「奨之くんは、現場でも引っ張ってくれる兄貴肌。奨之くんがいると現場が明るいんです」と尊敬の眼差しを向ければ、葉山も「真宙は極度の人見知りなんだろうね。僕がどうその壁をぶち破れるかが、まず試練だった。気にせず距離をひきつけ、つくらないとダメだと思ったんですが、一瞬で打ち解けたよね」と語り、強い信頼関係をのぞかせていた。

ドラマ「セトウツミ」は、テレビ東京系で毎週金曜深夜0時52分に放送中。

(映画.com速報)
セトウツミ 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] セトウツミ 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,728 此元和津也原作の漫画「セトウツミ」の実写化作品。
渇き。 Blu-rayプレミアム・エディション〈2枚組+サントラ...[Blu-ray/ブルーレイ] 渇き。 Blu-rayプレミアム・エディション〈2枚組+サントラ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,727 大論争を巻き起こした、中島哲也監督による衝撃のサスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi