「星めぐりの町」“父娘”小林稔侍&壇蜜、レッドカーペット初体験! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月27日 > 「星めぐりの町」“父娘”小林稔侍&壇蜜、レッドカーペット初体験!
メニュー

「星めぐりの町」“父娘”小林稔侍&壇蜜、レッドカーペット初体験!

2017年11月27日 16:30

ビンテージカーに乗って登場「星めぐりの町」

ビンテージカーに乗って登場
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2018年2月1日公開)が控える小林稔侍が、76歳にして映画初主演を果たした「星めぐりの町」の完成披露試写会が11月25日、オープン当日を迎えた愛知県・イオンシネマ豊田KiTARAで開催され、小林、壇蜜荒井陽太神戸浩高島礼子黒土三男監督が参加した。

蝉しぐれ」(2005)などで知られる黒土監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。

キャストと監督はそれぞれ、いすゞベレット1600GT、トヨタスポーツ800、トヨタ2000GT、トヨタクラウンDX(デラックス)に乗って登場。レッドカーペットを初体験したという小林は「レッドカーペットを、新しい靴で歩きました。タキシード用の靴じゃないんですけども。長年の忸怩(じくじ)たる思いで歩きました。タキシードも初めて着ました。なんだかクラブのマスターみたいな感じですけれども。ホコリをかぶっていたタキシードも喜んでます。温かい皆さんのおかげで、こうして先行上映が行えました。ありがとうございます」と感無量の面持ち。

小林が演じた主人公・勇作の娘・志保役の壇蜜も「私も(レッドカーペットは)初めてだったんです。チャンスはあったんですけれども、その時の映画があまりにもお子様向けではないもので、チャンスがなくなってしまい……。レッドカーペットは自分とは縁がないのだろうと思っていました。なので、今日は記憶にとどめておこうと思いながら、歩きました」と興奮気味に語った。一方、大の車好きという高島は「トヨタ2000GTに乗れたというのが、とても興奮しました。他にも、クラウンが走っているのを見るだけで非常に、感動しました」と喜びを爆発させていた。

初主演を飾った感想を「まるで宝くじに当たったよう」と語った小林は、(全体の)97%くらいずっと私の役、勇作さんを書いてくださって、それにまずびっくりしました。普段はテレビの仕事が多いですが、1つの役でこんなに出ていいのかな、という気がしました。『サヨナラだけが人生』という大切な、大きな言葉がありますが、出会いというのはとても大事。こんな俳優ですが、いろんな人と出会ってここまで来られました。こんな歳でもこんなに良い出会いがあったんですから、若い皆さんも出会いを大切にしてほしいと思います。良い出会いは、人生の全てです」と観衆に語りかけていた。

星めぐりの町」は、2018年1月27日から全国公開。

(映画.com速報)
蝉しぐれ プレミアム・エディション[DVD] 蝉しぐれ プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,071 藤沢周平原作の同名小説を映画化。江戸時代を舞台に、とある下級武士の生き方を、日本の四季折々の美しい風景を織り交ぜながら描いた人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi