E・ファニング、J・C・ミッチェル監督最新作は「パンク宇宙人のロミオとジュリエット」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月23日 > E・ファニング、J・C・ミッチェル監督最新作は「パンク宇宙人のロミオとジュリエット」
メニュー

E・ファニング、J・C・ミッチェル監督最新作は「パンク宇宙人のロミオとジュリエット」

2017年11月23日 10:00

パンク文化を謳歌する宇宙人を 演じたエル・ファニング「パーティで女の子に話しかけるには」

パンク文化を謳歌する宇宙人を
演じたエル・ファニング
(C)COLONY FILMS LIMITED 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョン・キャメロン・ミッチェル監督最新作「パーティで女の子に話しかけるには」で、主人公を演じたエル・ファニングのインタビュー映像を、映画.comが独占入手した。人間の少年に恋する宇宙人という難しい役どころを演じたファニングが、今作の魅力を興奮気味に語る姿が収められている。

今作は、2006年に出版されヒューゴー賞にノミネートされた、英SF作家ニール・ゲイマンの同名短編小説を映画化したもの。「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のミッチェル監督がフィリッパ・ゴスレットとともに脚本を執筆し、遠い惑星からやって来た美少女ザン(ファニング)と英ロンドンに暮らす内気なパンク少年エン(アレックス・シャープ)の恋の逃避行を描いた。

ファニングは、宇宙人の集団のなかでイライラを募らせてきたザンが、エンに出会ったことで「気持ちが頂点に達して、反抗するのよ」と話し、「エンがパンクとは何かを説明してくれたとき、『これこそザンだ』、ってなるわけ。反骨精神のある子だからね」と説明。ザンがパンクにひかれた理由を「(ザンは)新しいことが経験したいのよ。パンクはワルくて、とんがってて、ワクワクさせてくれるもの」と語る。

また、俳優経験のある監督作品への出演は今作が初となり、「詩を読むように説明してくれるのよ。シーンのなかに連れて行ってくれる感じ」「とても助けになるわ。こんな経験をほかの監督としてことはないわね」と、ミッチェル監督に全幅の信頼を置いていることをうかがわせる。

さらに、今作を「パンク宇宙人のロミオとジュリエット」と表現し、「ラブストーリーには違いないけど、ジョンならではのイカした味付けのぶっとんだラブストーリーよ」とアピールしている。

パーティで女の子に話しかけるには」は12月1日から、東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi