クズ男演じた岡田将生、木村文乃ら女優陣から総攻撃!?「関わりたくない」「この野郎」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月21日 > クズ男演じた岡田将生、木村文乃ら女優陣から総攻撃!?「関わりたくない」「この野郎」
メニュー

クズ男演じた岡田将生、木村文乃ら女優陣から総攻撃!?「関わりたくない」「この野郎」

2017年11月21日 20:22

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース] 柚木麻子氏による恋愛小説を実写映画化した「伊藤くん A to E」の完成披露試写会が11月21日、東京・スターライズタワーで行われ、ダブル主演の岡田将生木村文乃、共演の佐々木希志田未来池田エライザ夏帆田中圭中村倫也、メガホンをとった廣木隆一監督が舞台挨拶に出席した。

新作が書けなくなったアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村)は、他人の恋の悩みをネタにドラマ脚本を作ろうと思いつき、A(佐々木)、B(志田)、C(池田)、D(夏帆)と名付けた4人の女性への取材を開始。偶然にも4人全員が莉桜が講師を務めるシナリオスクールの生徒・伊藤誠二郎(岡田)との関係に悩んでいると発覚するが、やがて莉桜自身も「5番目の女=E」として翻ろうされていく。

顔は良いが中身は空っぽの“クズ男”に扮した岡田は、「見た人はだいたい嫌いになる役」と説明したうえで、「今までと違った、こういう役を望んでいたので、いいタイミングでラッキーでした。しかし思った以上にやばい男。こんなにクズでダメでバカでアホなやつとこの夏を過ごせて、気持ちよかったですね」と晴れやかな表情。「伊藤くんと出会うことによって5人の女性が成長する物語でもあります。伊藤くんのクズさが過激なほどいい方向に行くと思っていました」とも述べ、女優陣をクスクスと笑わせた。

女優陣はそんな伊藤くんに振り回されたが、撮影時の感想を聞かれた佐々木は「すごく嫌な気持ちになりました」とバッサリ。続く志田も「圧迫感がすごい」と振り返り、池田は「関わりたくないです」、夏帆は「傷つきました」と畳み掛けると、木村はトドメとばかりに「『この野郎』と思っていたよ」と目を光らせた。この総攻撃に、天を仰いで苦笑しきりだった岡田は「皆さん本当に、カットがかかるとすごく小さい声で『気持ちわりい……』と言うんです。すごく心が『くうっ』となるんですが、『伊藤くんだ、俺じゃない』と言い聞かせながら演じていました」と悲しげにつぶやき、場内を沸かせていた。

一方で、岡田と木村は共通の趣味を通じて親睦を深めたそうで、岡田は「お互い漫画が大好きで、クランクイン前の食事会では漫画の話をずっとしていた」と明かす。木村が「今日も顔を合わせてから、漫画の話しかしていないです」と応じれば、岡田も「最近面白い漫画ありました? なんて話したり」と嬉々として語り、仲睦まじくトークを繰り広げていた。

伊藤くん A to E」は、2018年1月12日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi