クエンティン・タランティーノ監督、次回作にトム・クルーズを希望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月17日 > クエンティン・タランティーノ監督、次回作にトム・クルーズを希望
メニュー

クエンティン・タランティーノ監督、次回作にトム・クルーズを希望

2017年11月17日 11:00

シャロン・テート殺害事件を描く作品でタッグか「スーサイド・スクワッド」

シャロン・テート殺害事件を描く作品でタッグか
Photo by Gabriel Olsen/FilmMagic、
Photo by Andrew Toth/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クエンティン・タランティーノ監督が、準備中の新作にトム・クルーズの出演を希望していることがわかった。

新作は、カルト指導者チャールズ・マンソンとその信奉者たち、通称“マンソンファミリー”による女優シャロン・テート殺害事件を題材にしたR指定作品。「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーがテート役をオファーされている。

米Deadlineによれば、タランティーノは主要男性キャラクターの1人について、クルーズと話し合いを持ったようだ。タランティーノはほかに、ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオにもそれぞれ別の役柄を打診していると言われている。3人の共演が実現するか、3人のうちの誰か1人以上が出演するかは確定していないが、タランティーノは来年夏頃にロサンゼルスでクランクイン、2019年の公開を目指している。

タランティーノ作品はこれまでハーベイ・ワインスタインが製作・配給してきたが、ワインスタインのセクハラ問題が発覚したため、新たなプロデューサーとして「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・ハイマンを迎え入れた。現在、タランティーノは製作・配給会社を探しており、ワーナー・ブラザースやパラマウント・ピクチャーズ、ソニー・ピクチャーズといった大手スタジオをはじめ多くのプロダクションが興味を示しているという。

シャロン・テート殺害事件は、マンソンファミリーが1969年8月8日から9日にかけ、米ロサンゼルスにあるテートの夫で映画監督のロマン・ポランスキー宅と、スーパーマーケットチェーンのオーナー宅に押し入り、当時妊娠8カ月だったテートと胎児を含む7人を惨殺した。71年、マンソンは第1級殺人と殺人教唆で終身刑の判決が下され、現在もカリフォルニア州の刑務所に収監されている。

(映画.com速報)
スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi