広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家が“生きる意味”問う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月14日 > 広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家が“生きる意味”問う
メニュー

広瀬すず、10代最後の連ドラ主演!「Mother」脚本家が“生きる意味”問う

2017年11月14日 05:00

生きる希望失った少女役に「M/OTHER(1999)」

生きる希望失った少女役に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の広瀬すずが、2018年1月から日本テレビ系でスタートする新水曜ドラマ「anone(仮題)」に主演することがわかった。広瀬にとって、10代最後の連続ドラマ主演。「Mother」「Woman」の脚本家・坂元裕二水田伸生監督らスタッフ陣が結集し、見る者に“生きる意味”を問いかける物語を紡ぐ。

ドラマは、家族を失い社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失った少女が、1人の老齢の女と出会うところから始まる。あざむかれ、裏切られ、信じる心をなくした2人だが、やがて何かを感じ合い、女は少女をかくまう。そしてある事件が発生し、“ニセモノ”だった2人が“真実”の人間愛を見つけていく。

広瀬は主演にあたり、「坂元裕二さん脚本の『Mother』『Woman』がもともと大好きだったので、今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、今楽しみで仕方がないです! 何かぞくぞくするというか、どんな作品になるのか楽しみです」と期待に胸躍らせる。10代最後の連ドラとなるが、「10代は少女といわれる時期でもあると思います。今の自分だからこそ見える世界、感じられる感覚を大切にしたいな、と思います」と真摯に明かし、「初めて連ドラの主演をやらせていただいたのが16歳で、日本テレビ(『学校のカイダン』)だったので、そのご縁がすごくうれしくて、今回も大切に演じられたらいいなと思います」と述べている。


画像2

[拡大画像]

さらに「Mother」「Woman」にも出演し、坂元作品に欠かせない存在ともいえる女優・田中裕子も参加。「『Mother』『Woman』に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。おふたりのエネルギーに『めまい』するような作品になると思います。ついていきたいです」とコメントを寄せた。プロデューサーの次屋尚氏は、広瀬に対し「さまざまな役を演じてきた広瀬さんですが、10代最後の主演ドラマとなる今回は、彼女の持っている魅力のすべて、いやそれ以上、広瀬すずのすべてをこの作品に捧げて頂きます」と語り、田中に対し「これまでと同じように、作品に安心感と重厚感をもたらせて頂くとともに、広瀬すずとの異色の組み合わせで新たな閃光が放たれる作品になるに違いありません」と自信をみなぎらせている。

「anone(仮題)」は、18年1月から日本テレビ系で毎週水曜午後10時放送。

(映画.com速報)
Mother DVD-BOX[DVD] Mother DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,204 女性たちがそれぞれの生きる道の中で、自分を見つめ直し自身で生き方を探し求めていく、現代を生きる女性たちの物語。
「Woman」DVD-BOX[DVD] 「Woman」DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥11,794 シングルマザーを主人公に、貧しいながら愛すべく我が子のため、命をかけて生きる女性の生き様を描く物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi