ケビン・スペイシー、リドリー・スコット新作からカット C・プラマーが代役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月14日 > ケビン・スペイシー、リドリー・スコット新作からカット C・プラマーが代役
メニュー

ケビン・スペイシー、リドリー・スコット新作からカット C・プラマーが代役

2017年11月14日 12:00

代役にクリストファー・プラマー

代役にクリストファー・プラマー
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督の新作映画「All The Money In The World」(原題)」からケビン・スペイシーの登場場面がすべて差し替えられることになった。Deadlieが報じている。

スペイシーは、当時14歳だった子役に性的関係を迫った過去が暴露され、厳しい非難を浴びせられている。主演ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望への階段」に関しては主演場面すべてがカットされる方向で調整が進んでいるといわれるが、既に完成しているハリウッド映画からもその姿が消去されることになったという。

スコット監督の最新作「All The Money In The World」(原題)」は、石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ジョン・ポール・ゲティが誘拐された実在の事件を題材としており、ジャン・ポール・ゲティ役をスペイシーが演じている。スペイシーの出番は少なく、物語はマーク・ウォルバーグ演じるアドバイザーと誘拐された息子の母に扮するミシェル・ウィリアムスが主演だが、ストーリー上、ジャンは重要な役割を果たしている。

同作は12月22日の全米公開にあわせて完成しているものの、製作陣はスペイシーのスキャンダルにより同作の評価が下がることを懸念。その結果、スペイシーの出演シーンすべてを、代役を務めるクリストファー・プラマーによって撮り直すことにしたという。再撮影をすぐに行うため、全米公開に変更はない。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi