B'z「ジオストーム」で洋画主題歌初!新曲「Dinosaur」を提供 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月14日 > B'z「ジオストーム」で洋画主題歌初!新曲「Dinosaur」を提供
メニュー

B'z「ジオストーム」で洋画主題歌初!新曲「Dinosaur」を提供

2017年11月14日 04:00

監督も楽曲を絶賛「ジオストーム」

監督も楽曲を絶賛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「インデペンデンス・デイ」の製作&脚本を担当したディーン・デブリンが監督を務めるディザスターアクション「ジオストーム」の日本語版主題歌を、人気ロックユニット「B'z」が手がけることがわかった。同ユニットにとって初の洋画主題歌となり、新曲「Dinosaur」が起用されている。

天候を制御できる最新技術を搭載した宇宙ステーションが、コンピュータウイルスに感染して暴走。不可解な異常気象が同時多発的に発生する地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐべく、人類が絶体絶命の危機に立ち向かう。「エンド・オブ・ホワイトハウス」シリーズのジェラルド・バトラー、「クラウド アトラス」「アップサイドダウン 重力の恋人」のジム・スタージェス、「スリー・ビルボード」(2018年2月1日公開予定)のアビー・コーニッシュエド・ハリスアンディ・ガルシアらが出演する。日本語吹き替え版では、上川隆也山本耕史、ブルゾンちえみらが声優を務める。

「Dinosaur」を聞いたというデブリン監督は、「日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB'zとのコラボレーションをすごく楽しみにしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソン(バトラー)の生き方そのもののようで、出合うべくして出合った楽曲だと確信しました!」と作品と楽曲の相性を絶賛。

ワーナー・ブラザース映画の担当者は、「『ジオストーム』は大迫力の映像と熱い人間ドラマ、そして爽快な大団円を詰め込んだ、ド直球エンターテインメント超大作です。どんなアーティストとコラボさせていただくのがよいかと考えた時に、真っ先に案に挙がったのが、大迫力のギターサウンドと熱い歌詞でファンを魅了するB'zさんでした。デビューから30周年という記念の年にコラボさせていただくことができ、非常に光栄です」とオファーに至った理由を明かしている。

ジオストーム」は、2018年1月19日から全国公開。なお、「Dinosaur」を収録した最新アルバム「DINOSAUR」は11月29日発売。

(映画.com速報)
インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 地球を侵略せんとする異星人と人類の3日間の攻防を描き、世界各地で大ヒットしたSFパニック超大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi