Matt「ローガン・ラッキー」でダニエル・クレイグのイメージが変わった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月13日 > Matt「ローガン・ラッキー」でダニエル・クレイグのイメージが変わった!
メニュー

Matt「ローガン・ラッキー」でダニエル・クレイグのイメージが変わった!

2017年11月13日 15:00

お笑いコンビ「チョコレートプラネット」と共に「ローガン・ラッキー」

お笑いコンビ「チョコレートプラネット」と共に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・ソダーバーグ監督が“引退宣言”を撤回して、4年ぶりにメガホンをとった「ローガン・ラッキー」の公開直前イベントが11月12日に都内で行われ、元プロ野球選手の桑田真澄氏を父にもつタレントのMatt、美容家のIKKOのモノマネで知られるお笑いコンビ「チョコレートプラネット」の松尾駿が登場。松尾の相方、長田庄平がイベントMCを務めた。

不運続きのジミー(チャニング・テイタム)とクライド(アダム・ドライバー)のローガン兄弟が、“爆破職人”の異名をもつ囚人ジョー(ダニエル・クレイグ)を脱獄させ、全米最大のカーレースの売上金を盗み出そうと奮闘するさまを描く。

クレイグ演じるジョーの囚人服をイメージした衣装を披露したMattは、「オーバーオールを着るのは、生まれて初めて。楽ですね」とご満悦。自前のタトゥーシールを首や腕に貼り、すっかり悪人気分を味わっていた。兄でプロ野球選手の桑田真樹と一緒に本作を見たといい、「ダニエル・クレイグといえば、ジェームズ・ボンドのイメージが強いんですが、今回はかわいく見えるところもあって、こんなキュートな一面あるんだなって」と話していた。

一方、松尾はIKKO風のメイクにピンクのミニスカ姿で現れ、開口一番「どんだけ~」とお決まりのセリフを披露。どん底から起死回生を狙うローガン兄弟にちなみ、「どん底といえば、若いころは貧乏で、とんでもなくボロい家に住んでいた。外より寒い家で(笑)、冬は寒さで目が覚めて、お風呂があってもお湯が出ない」と苦労話を披露すると、セレブ育ちのMattは“どん引き”。さらに「家にはお風呂が2つあります」と驚きのエピソードを明かした。

イベントでは、映画のキャラクターが印刷された模擬紙幣を使用した“現金つかみ取り”対決も実施。松尾は大事なカツラが外れるのもお構いなしに、Mattに負けじと飛び交う紙幣に手を伸ばしていた。

ローガン・ラッキー」は、11月18日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi