宮野真守“少尉”「好きですよ」と甘くささやく「劇場版 はいからさんが通る」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月10日 > 宮野真守“少尉”「好きですよ」と甘くささやく「劇場版 はいからさんが通る」本編映像
メニュー

宮野真守“少尉”「好きですよ」と甘くささやく「劇場版 はいからさんが通る」本編映像

2017年11月10日 17:00

酔った紅緒が少尉に「私のこと好きですか?」「はいからさんが通る」

酔った紅緒が少尉に「私のこと好きですか?」
(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]大和和紀氏の名作少女漫画を2部作でアニメ映画化する「劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳」の本編映像の一部が、このほど公開された。

1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社刊)に連載された原作漫画「はいからさんが通る」は、大正時代が舞台のラブコメディ。おてんばでハイカラな女の子・花村紅緒が、許婚の青年将校・伊集院忍少尉の存在を知らされ、愛のない結婚に反発しながらも、次第に惹かれていく姿を描く。78年放送のテレビアニメ版をはじめ、南野陽子阿部寛が共演した実写映画版、TVドラマ3作品など、さまざまなメディアで映像化されてきた。


画像2

[拡大画像]

本編映像は、少尉が酔っ払った紅緒をおぶって歩くシーンを収録。酔いつぶれた紅緒が「私のこと好きですか? そこまで美人じゃなくて、おまけに酒乱でも」と夢見心地で問いかけると、少尉は「好きですよ、紅緒さん」「お会いする前からずっと……」と愛をささやく。「大好き!」と紅緒に抱きつかれた少尉は、喜びを噛み締めるようにおだやかな笑みを浮かべる。胸キュン必至の映像に仕上がっている。

少尉の声を務めた宮野真守は、「キュンキュンしていただけるシーンが目白押しです。僕たちも台本を読んでキュンキュンしていたので(笑)」と太鼓判を押す。そのうえで、「恋のときめきや、自由ではないからこそのもどかしさが、今にはないわび・さびとして、現代の人たちにも、なんて健気で素敵だろうと、また新しいものとして感じていただけると思います。若い世代の人たちにも、そういう時代背景に伴う思いの行方を、感じてもらえたらなと思います」と話している。

なお、紅緒の声は人気声優の早見沙織が務めている。「劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳」は、11月11日から公開。「後編 花の東京大ロマン」は18年公開。

(映画.com速報)
はいからさんが通る Blu-ray BOX<初回仕様版>[Blu-ray/ブルーレイ] はいからさんが通る Blu-ray BOX<初回仕様版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥35,964 明るく元気で喧嘩早く、ちょっぴり酒乱で人情深い、17歳の花村紅緒は当節流行りのはいからさん。そんな紅緒がある日出会った陸軍少尉・伊集院忍は、なんと許嫁で…。大和和紀原作の少女漫画をアニメ化した作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi