間宮祥太朗、金髪ヤクザ役が怖すぎてファンに失望される? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月10日 > 間宮祥太朗、金髪ヤクザ役が怖すぎてファンに失望される?
メニュー

間宮祥太朗、金髪ヤクザ役が怖すぎてファンに失望される?

2017年11月10日 13:00

登壇した間宮祥太朗「全員死刑」

登壇した間宮祥太朗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の間宮祥太朗が11月9日、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で行われた初主演映画「全員死刑」の公開直前イベントに出席した。

孤高の遠吠」で注目を集めた小林勇貴監督の商業映画デビュー作。鈴木智彦氏の著作「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊行)を原作に、2004年に福岡県大牟田市で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件を映画化した。

殺人一家の次男・タカノリ役の間宮は、金髪&タトゥー姿の強面ヤクザを体当たりで演じ切り、新境地を開拓した。この日は本作を鑑賞した直後の観客に、「間宮の変貌ぶりを受け入れることができたか」アンケートを実施。ピンクとブルーのうちわが配布され、「あんな姿のでも愛せる」という人はピンク、「ショックだった人」はブルーのうちわを掲げることに。客席の9割以上がピンク色に染まったが、ブルーのうちわを手にするファン5人を発見した間宮は「顔を覚えて帰ろうと思います」と苦笑い。「なんでこんなことをするのかな~」と司会に抗議していた。

「新鋭・小林監督との撮影はどうだったか?」と問われた間宮は、「破天荒に感じる方もいると思いますが、すごく純粋。映画を撮ることが楽しくて仕方がないという顔をしていて、監督に引っ張られたというか。映画の撮影って楽しいんだという雰囲気にあふれていました」と告白。「この映画で初主演を飾ることができてよかった。小林勇貴監督という、一緒に面白い作品を作っていきたいと思える、歳の近い尊敬できる監督と出会えた。この作品は、僕にとって大事」と感慨深げに語った。

小林監督といえば、本物の不良を出演させるという大胆な手法で、映画界を驚かせたことでも知られている。過去作にも参加した小林監督の友人が、本作にも出演していることが話題に上がると、間宮は「石川ボンさんと大石淳也さんは前々から小林監督の作品に出ていて。地元の本物の不良ということで、すごいですよね」と撮影を述懐。「2人は小林監督を自主映画の頃から支えていた仲間なので、ボンくんに『小林くんて、地元でどんな存在だったんですか』とか聞いた。すごく楽しかったです」と明かした。

全員死刑」は、11月18日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi