ナオミ・ワッツ、1977年のNY大停電を舞台にしたサイコロジカル・スリラーに主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月6日 > ナオミ・ワッツ、1977年のNY大停電を舞台にしたサイコロジカル・スリラーに主演
メニュー

ナオミ・ワッツ、1977年のNY大停電を舞台にしたサイコロジカル・スリラーに主演

2017年11月6日 10:00

ナオミ・ワッツ

ナオミ・ワッツ
Photo by John Lamparski/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優ナオミ・ワッツが、気鋭の監督・脚本家アリステア・バンクス・グリフィンによる新作「The Wolf Hour(原題)」に主演することがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、本作は1977年夏のニューヨーク大停電を舞台にしたサイコロジカル・スリラー。60年代にアクティビストとして、またカルチャーアイコンとして注目を集めたが、今は空虚で孤独な日々を過ごしている主人公ジューン・リー(ワッツ)が、停電をきっかけに自分の心の闇と対峙する、というストーリーのようだ。ワッツは製作総指揮も務める。

グリフィンは、長編初監督作「Two Gates of Sleep(原題)」が2010年のカンヌ国際映画祭監督週間で上映された。「The Wolf Hour」は晩秋、ニューヨークでクランクインする。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi