浜野謙太“愛妻”倉科カナに歌声絶賛されデレデレ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月6日 > 浜野謙太“愛妻”倉科カナに歌声絶賛されデレデレ
メニュー

浜野謙太“愛妻”倉科カナに歌声絶賛されデレデレ

2017年11月6日 18:00

デレデレの浜野謙太「自虐の詩」

デレデレの浜野謙太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 浜野謙太が主演を務めるNHKプレミアムドラマ「男の操」の試写会が11月6日、東京渋谷の同局で行われ、浜野をはじめ、共演の倉科カナ、粟野咲莉ちゃん、佐藤隆太安達祐実が会見に臨んだ。

原作は、「自虐の詩」などで知られる業田良家氏の同名漫画。売れない演歌歌手・五木みさお(浜野)が、ひとり娘のあわれ(咲莉ちゃん)とともに、亡き妻・純子(倉科)と交わした「いつか紅白歌合戦に出る」という約束を果たすために奮闘する姿を描く。

浜野は、つんく♂が作曲した劇中歌「男の操」で、演歌に挑戦。「浜野の歌の感想」を問われた倉科は、「私(純子)は亡くなっているので、生で『男の操』を聞けていなくて。でもこの作品に入る前に、浜野さんが出演された舞台を拝見していて。それが浜野さんの良いところがたくさん詰まった舞台でした。歌って踊って」と明かし、「私はあの舞台を見ていたから、嘘なく“パパ上(みさおの呼び名)”の歌を、たくさんの人に届けてほしいなと思えた」と絶賛する。「私も早くパパ上の『男の操』を生で聞いてみたいです」とリクエストすると、浜野は「わかった!」と照れまくっていた。

“愛妻”倉科に絶賛され、デレデレの浜野。続けて“娘”咲莉ちゃんも「パパ上の『男の操』は、パパ上が頑張っている演歌歌手だっていうことが伝わる」「だからパパ上にCDを出して欲しい。そしたら私も売るのを頑張るから」とラブコールすると、浜野は「さすがだな~、ありがとう!」と満面の笑顔を浮かべ、喜びを爆発させる。

さらに安達も「浜野さんが歌ってらっしゃる現場を見て、すごく感動しています。私にはできない」とニッコリ。佐藤も、「ハマケンはみごとに歌い切っている」と絶賛したが、「1話のラストで歌う場面は、『この人ってかっこいいんだな』とあのシーンだけは思えた(笑)」とオチをつけて笑いを誘う。満面の笑顔で聞いていた浜野は、すかさず身を乗り出し「ちょいちょい! 他も!」としっかりツッコミを入れていた。

共演者も太鼓判を押す歌声を披露した浜野。制作統括の長坂淳子氏が「浜野さん演じる五木みさおという演歌歌手が、原作同様に紅白歌合戦に出てくれたらいいなと思っています」と期待を寄せると、照れ笑いで応じていた。「男の操」は、NHK BSプレミアムで11月12日から毎週日曜午後10時放送。全7回。

(映画.com速報)
自虐の詩 プレミアム・エディション[DVD] 自虐の詩 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,230 中谷美紀&阿部寛主演!業田良家原作コミックを『TRICK』の堤幸彦監督が映像化した極上のエンターテインメント!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi