ジェノスタジオ制作TVシリーズの詳細明らかに 「刻刻」「ゴールデンカムイ」など3作品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月4日 > ジェノスタジオ制作TVシリーズの詳細明らかに 「刻刻」「ゴールデンカムイ」など3作品
メニュー

ジェノスタジオ制作TVシリーズの詳細明らかに 「刻刻」「ゴールデンカムイ」など3作品

2017年11月4日 23:00

ジェノスタジオがテレビアニメ化する「刻刻」「虐殺器官」

ジェノスタジオがテレビアニメ化する「刻刻」
(C)堀尾省太・講談社/「刻刻」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメ映画「虐殺器官」を制作するため2015年に創設されたアニメーション制作会社・ジェノスタジオがこのほど、新たに手がけるテレビシリーズ3作品の概要や詳細を発表した。

1作目は「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載されていた堀尾省太氏の漫画「刻刻」のアニメ化。森羅万象が止まった“止界”に入ることができる“止界術”を使う主人公・佑河樹里(ゆかわじゅり)が、術の行使に必要な“石”をぐって、“止界術”を崇める真純実愛会との戦いを繰り広げる。

キャストも発表されており、「クズの本懐」の安済知佳が樹里役で主演を務める。また、樹里の祖父・じいさん役として山路和弘、真純実愛会の教祖・佐河順治役として郷田ほづみ、佐河の相談役・間島翔子役として瀬戸麻沙美らが出演。そのほか、佑河貴文を辻谷耕史、佑河翼を野島裕史、佑河真を岩田龍門、潮見を内田夕夜、迫を吉野裕行が演じる。

スタッフは、監督として「セイクリッドセブン」の大橋誉志光が登板し、シリーズ構成を「這いよれ!ニャル子さん」の木村暢、キャラクター原案を「DYNAMIC CHORD」の梅津泰臣、キャラクターデザインと総作画監督を「クオリディア・コード」の日向正樹が担当。発表にともないオープンしたアニメ版公式サイトには、最新PVやキャラクター設定、作中のキーワードなどが掲載されている。

放送は2018年1月からTOKYO MX、BS11で毎週深夜12時30分から開始。Amazonプライム・ビデオでの国内、海外独占配信も行われる。

2作目は、8月にアニメ化決定が発表されていた、野田サトル氏が「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)で連載中の和風ウェスタン活劇漫画「ゴールデンカムイ」。監督を「Fate/Grand Order -First Order-」の難波日登志、シリーズ構成を「デュラララ!!」の高木登、キャラクターデザインを「デジモンユニバース アプリモンスターズ」の大貫健一が担当。「地獄少女」シリーズの大森貴弘監督作が3作目。タイトルは明らかにされていないが、10年におよぶ構想が結実した「不自由な世の中で互いを想い合う無垢な心を描いた物語」になるという。

(映画.com速報)
虐殺器官(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 虐殺器官(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,654 作家・伊藤計劃の原作小説3作を劇場アニメ化していくプロジェクトの1作で、小説「虐殺器官」の劇場アニメ化作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi