贋作がとんでもない値段に!? 中井貴一×佐々木蔵之介「嘘八百」本予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月3日 > 贋作がとんでもない値段に!? 中井貴一×佐々木蔵之介「嘘八百」本予告完成
メニュー

贋作がとんでもない値段に!? 中井貴一×佐々木蔵之介「嘘八百」本予告完成

2017年11月3日 07:00

豪華共演陣がそろう最新ビジュアルも披露「嘘八百」

豪華共演陣がそろう最新ビジュアルも披露
(C)2018「嘘八百」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中井貴一佐々木蔵之介がダブル主演したコメディ映画「嘘八百」の最新ビジュアルと本予告が、このほどお披露目された。

本作は、第39回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞と最優秀主演女優賞に輝いた「百円の恋」の監督・武正晴と、脚本・足立紳が再タッグを組み、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子も参加したコメディ。偶然出会った古物商・則夫(中井)と陶芸家・佐輔(佐々木)が「幻の利休の茶器」を利用し、家族、大御所鑑定士、文化庁を巻き込んだ壮大な“狐と狸の化かし合い”を繰り広げる姿を描いている。

最新ビジュアルは、中井&佐々木のツーショットをとらえた既出の第1弾ポスターに、個性的なキャラクターを演じる豪華共演陣を写した場面写真を加えたもの。佐輔の妻・康子役の友近、2人の息子・誠治を演じる前野朋哉、則夫の娘・いまり役の森川葵に加え、堀内敬子坂田利夫木下ほうか塚地武雅桂雀々寺田農芦屋小雁近藤正臣らの姿が確認できる。

本予告は、古物商・則夫が古びた蔵で千利休が遺したといわれる“幻の茶器”を発見する光景からスタート。だが、喜びもつかの間、譲り状と木箱はあるが、肝心の茶器がないことが発覚する。「よく考えろよ。あと茶碗があればゼロの数が違ってくるだろ!」と熱弁をふるう則夫は落ちぶれていた佐輔を巻き込み、贋作づくりを開始。恐妻・康子からはっぱをかけられた佐輔は「誰も見たことのない利休の茶碗をつくったらぁ」と“舌すべり”の良い土を探し、茶器を完成させる。そして、お披露目された茶器は「50万!」「700万!」「2000万!」と天井知らずで値上がりしていくが、大御所鑑定士の棚橋(近藤)が「贋物や!」とぴしゃりと言い放ち、空気は一変する。

嘘八百」は、2018年1月5日から全国公開。

(映画.com速報)
百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,140 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi