二宮和也、嵐のデビュー記念日に主演映画「ラストレシピ」公開「運命感じる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月3日 > 二宮和也、嵐のデビュー記念日に主演映画「ラストレシピ」公開「運命感じる」
メニュー

二宮和也、嵐のデビュー記念日に主演映画「ラストレシピ」公開「運命感じる」

2017年11月3日 14:43

TOHOシネマズ上野でテープカット「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

TOHOシネマズ上野でテープカット
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「嵐」の二宮和也が主演の映画「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」が11月3日、全国303スクリーンで封切られた。二宮は共演の西島秀俊綾野剛宮崎あおい竹野内豊西畑大吾滝田洋二郎監督とともに東京・TOHOシネマズ上野で初日舞台挨拶。同館のオープンを記念してテープカットも行った。

同館はあす4日がグランドオープンだが、この日は同作が全8スクリーンをジャック。計12回の上映で、連続8回の舞台挨拶に臨んだ二宮だが、「全スクリーンが満員で、たくさんのお客さんと会えて感謝しています」と笑顔で話した。

しかも、嵐のデビュー18周年の記念日とも重なり「その週というのはあるかもしれないけれど、ドンピシャですからね。メンバーに話しても、そうなんだと驚いていた。運命を感じます。きっとメンバーもどこかの劇場で喜んでいると思う」と感慨深げ。綾野も「素晴らしい」と称えつつ、「結成は9月ですけれどね」と細かい情報を漏らし二宮を苦笑させた。

舞台挨拶の模様は全国125の劇場でも同時中継され、西島は「地元の南大沢の皆さん、西島です」と自己紹介。これだけ多くの舞台挨拶をするのは初体験だったが、「これだけたくさんの皆さんとお会いでき、しかもけっこう距離が近いので、目を合わせて話したのがうれしかった」と満足げに語った。

だが、宮崎は「回数を重ねるごとに、皆少しずつおかしくなっていますよね」と冷静に分析。竹野内も、「崩れていくような感じというか、だんだんかみまくっている。でも、貴重な体験ですよ」と自身に言い聞かせるように話した。

映画は、二宮扮する絶対味覚を持つ料理人が70年前に作成された伝説のレシピの謎を追う感動ミステリー。それに合わせ最近涙したエピソードを聞かれた二宮は、「カエルを捕まえに行くロケがあって、ヌルヌルしたものが得意じゃなかったけれど頑張って紹介したら、嵐の人たちが『よく触ったね』と褒めてくれた。こらえましたけれど、グッときた」と明かした。

宮崎は、東京国際映画祭で「EUREKA」(2001)が上映されたことにふれ「16年前の作品で、10年ぶりに監督と再会できた。映画って長く愛してもらえることを、あらためて幸せに思った」としみじみ。西島も同様に、「18年前から友達の、当時は助監督の下の助監督だった人が、5年くらいかけて撮ったドキュメンタリーが東京国際映画祭で上映され、舞台挨拶を見ているだけで感動した」と話し、二宮は自身の話とのギャップに悔しそうな表情を浮かべた。

それでも、「つないでいくということは特別なことだし、絶やしちゃいけないことだと思うので、皆さんもそういうものがあるか照らし合わせてほしい」と映画とアピール。そして、「いろいろな所でまた見てほしい。六本木の二宮はもっと格好いいと思うし、南大沢の西島さんももっと格好いいと思うので」とジョーク交じりに話していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi