知られざるフィンランド映画の魅力を堪能!アキ・カウリスマキ監督が上映ラインナップ決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月3日 > 知られざるフィンランド映画の魅力を堪能!アキ・カウリスマキ監督が上映ラインナップ決定
メニュー

知られざるフィンランド映画の魅力を堪能!アキ・カウリスマキ監督が上映ラインナップ決定

2017年11月3日 04:00

アキ・カウリスマキ監督自ら選定「希望のかなた」

アキ・カウリスマキ監督自ら選定
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ最新作「希望のかなた」の公開と同国の独立100周年を記念し、特集上映「アキ・カウリスマキが愛するフィンランドの映画」が、東京・渋谷のユーロスペースで開催される。カウリスマキ監督が、日本の観客のために傑作6本を紹介する。

今回は、フィンランド映画で初めてホモセクシュアルの役が登場したといわれるバレンティン・バーラ監督作「夏の夜の人々」(1948)、第6回カンヌ国際映画祭で国際賞(伝承映画賞)を受賞したエリック・ブロンベルグ監督の吸血鬼映画「白いトナカイ」(52)、フィンランドのアカデミー賞とされるユッシ賞を6度受賞した巨匠ミッコ・ニスカネンが、第2次世界大戦後期を描いた「少年たち」(62)、格差婚をした男女のすれ違いを映し、格差社会への議論を生みだしたリスト・ヤルバ監督作「労働者の日記」(67)、カウリスマキ監督の盟友マッティ・イヤス監督による元囚人とアルコール依存症の元ダンサーのほろ苦い恋物語「ラプシーとドリー」(90)、家庭崩壊を経験した兄弟の成長を見つめたザイダ・バリルート監督作「僕はラスト・カウボーイ」(2009)がラインナップされた。

なお、今回上映されるのはいずれも日本劇場未公開の作品。特集上映の巡回は予定されておらず、知られざるフィンランド映画の魅力を堪能できる貴重な機会となりそうだ。

特集上映「アキ・カウリスマキが愛するフィンランドの映画」は、11月25日~12月1日に東京・渋谷のユーロスペースで開催。

上映作品は以下の通り。

「夏の夜の人々」(バレンティン・バーラ監督・1948)
「白いトナカイ」」(エリック・ブロンベルグ監督・52)
「少年たち」(ミッコ・ニスカネン監督・62)
「労働者の日記」(リスト・ヤルバ監督・リスト・ヤルヴァ監督・67)
「ラプシーとドリー」(マッティ・イヤス監督・90)
「僕はラスト・カウボーイ」(ザイダ・バリルート監督・2009)

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi