ノーベル賞詩人を新解釈&エンタメ性付加!「ネルーダ」監督、「本作は伝記映画じゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月2日 > ノーベル賞詩人を新解釈&エンタメ性付加!「ネルーダ」監督、「本作は伝記映画じゃない」
メニュー

ノーベル賞詩人を新解釈&エンタメ性付加!「ネルーダ」監督、「本作は伝記映画じゃない」

2017年11月2日 18:00

パブロ・ラライン監督(写真右下)「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」

パブロ・ラライン監督(写真右下)
(C)Fabula, FunnyBalloons, AZ Films,
Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E.
Santiago de Chile, 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「NO」「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」で知られるパブロ・ラライン監督が、ガエル・ガルシア・ベルナルと再タッグを組んだ「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」について語った。

詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的英雄パブロ・ネルーダを描く独創的なサスペンス。詩人でありながら、共産主義の政治家として活動していたネルーダは、第2次世界大戦後、チリ政府から追われるようになり、生涯の大半を逃亡生活に費やした。映画は、1948年、逃亡中のネルーダ(ルイス・ニェッコ)の1年間に焦点を当て、代表作である叙事詩「大いなる歌」が生み出された背景に迫る内容となる。第69回カンヌ国際映画祭の監督週間に出品されたほか、第74回ゴールデングローブ賞の映画部門で外国語映画賞にノミネートされた。「バベル」や「ノー・エスケープ 自由への国境」で知られるベルナルは、跡を追ううちにネルーダに魅了されていく警察官ペルショノーに扮する。

ラライン監督は、本作を「ネルーダについての映画というよりも“ネルーダの性質を持つ映画”、もしくはその両方だろうね。僕らはネルーダに読んでほしかった小説を書いたのさ」と自己分析し、「ネルーダは犯罪ものの物語が好きだった。だから、この作品は警官との追跡劇の要素を持ったロードムービーになった。物語の中でいろいろな変化が起こり、登場人物たちも進化していく。風景やその中の動きすべてを、変化していく過程だと考えたんだ。ハンターも獲物も、どちらも追跡ゲームを終わらせないのさ。ネルーダが自分の世界を作り上げたように、僕らは1つの世界を作り上げたんだ」と独特の表現をまじえて解説する。

製作においては、「ネルーダは、ひとつのカテゴリーに収まらない、とても複雑で計り知れないクリエイターだから、彼の人となりや業績をまとめる趣旨で1本の映画を作ることは不可能だと思った。だから、逃亡の物語、警官と文豪の物語を選択したのさ」という。それゆえに「僕らにとって、この作品は偽りの伝記映画だ。詩人の人物像を描くことにはさほど注力していないのだから、本当は伝記映画じゃないのさ。だって、それは不可能だからね」と作品を評し、「そこで、彼の創意と遊び心の側面から映画をまとめることにした。そうすることで、彼の詩、記憶、冷戦下の共産主義者としてのイデオロギーの世界に、観客は浸ることができるんだ」と明確な意志をもってまとめたと話す。

ラライン監督は続いて「ネルーダは、おそらく彼の作品中で最も完成された、最も冒険的な詩集である『大いなる歌』の大半を、逃亡中に目にしたもの、経験したことに感化されて書き上げた。その詩は激情と空想、恐ろしい夢に満ち、危機に瀕したラテンアメリカの描写、その怒りと絶望に満ちている。一方でネルーダは逃亡中に戦争や激しい怒り、詩に関する政治的な学術書もまとめていて、それは僕らの想像をかき立てた。なぜなら彼の存在や作品のように、この映画は、映画的かつ文学的な視点から、アートと政治の交わりを描くからさ」と自身の考察をまじえて語った。

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」は、11月11日から全国公開。

(映画.com速報)
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命[Blu-ray/ブルーレイ] ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマ。
NO[DVD] NO[DVD] 最安価格: ¥3,201 「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナルが主演し、第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた社会派ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi