ばかうけの次は柿の種!「ブレードランナー 2049」監督、またも影響を“公認” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月2日 > ばかうけの次は柿の種!「ブレードランナー 2049」監督、またも影響を“公認”
メニュー

ばかうけの次は柿の種!「ブレードランナー 2049」監督、またも影響を“公認”

2017年11月2日 17:00

「メッセージ」に続き“いい人”ぶりを披露「ブレードランナー」

「メッセージ」に続き“いい人”ぶりを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF映画の金字塔として名高い「ブレードランナー」の30年後を描く新作「ブレードランナー 2049」(公開中)を手がけたドゥニ・ビルヌーブ監督が、同作に登場する装置が「柿の種」にインスパイアされていると告白した。

2049年の近未来を舞台に、人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまを描く。「メッセージ」「ボーダーライン(2015)」で知られるビルヌーブ監督がメガホンをとり、世界46カ国で初登場第1位を記録している。

「メッセージ」日本公開の際には、「作中に登場する宇宙船のデザインはばかうけに影響された」と明かして話題をさらったビルヌーブ監督。このほど公開された映像中で、「『メッセージ』に登場した宇宙船が“ばかうけ”に似ていると話題になりましたが、本作に新たに登場する装置はなんと“柿の種”です! 皆様に発表できるのをとてもうれしく思います」と語っている。

“柿の種”と呼ばれたのは、ウォレスが使う黒い装置のこと。盲目のウォレスが、失った視力をカバーするために使用するものと推察され、映像後半に挿入される本編シーンでは、生まれたばかりのレプリカントの周囲を装置が旋回し、ウォレスがレプリカントの状態を確かめている様子が切り取られている。

もちろん、「メッセージ」の宇宙船を含めて、これらが日本のお菓子に影響されたというのは監督なりの粋なジョーク。ビルヌーブ監督のサービス精神が伝わる映像となっているが、本作の劇中には第1作同様に日本語がいたるところに登場し、和装を想起させる衣装も登場するなど、日本文化の影響が色濃く出た世界観が展開する。

(映画.com速報)
ボーダーライン[Blu-ray/ブルーレイ] ボーダーライン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,212 無法地帯で繰り広げられる攻防を、極限の臨場感で描き出すサスペンスアクション。
メッセージ[Blu-ray/ブルーレイ] メッセージ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,789 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が贈る異色のSF作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi