ソー&ロキ、まさかの“コンビ芸”さく裂!「マイティ・ソー」爆笑本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月2日 > ソー&ロキ、まさかの“コンビ芸”さく裂!「マイティ・ソー」爆笑本編映像公開
メニュー

ソー&ロキ、まさかの“コンビ芸”さく裂!「マイティ・ソー」爆笑本編映像公開

2017年11月2日 11:00

兄弟の関係に変化が訪れる「マイティ・ソー バトルロイヤル」

兄弟の関係に変化が訪れる
(C)Marvel Studios 2017
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベル・スタジオの人気シリーズの第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」日本語吹き替え版の新たな本編映像が、公開された。兄弟ながら宿敵でもあるソー(クリス・ヘムズワース)とロキ(トム・ヒドルストン)が、これまでのイメージとは異なるコミカルな“コンビ芸”を披露している。

強大な力を持つ死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)によって故郷を奪われたソーが、アベンジャーズの仲間として共闘した盟友ハルク(マーク・ラファロ)、宿敵でもある弟ロキ、大酒飲みの戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)に協力を要請し、型破りなチーム“リベンジャーズ”を結成。故郷奪還のため、ヘラに再び戦いを挑む。「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(2018年4月27日公開)につながる物語が展開する。

ヘラ(声:天海祐希)とのバトル中に辺境の星に飛ばされ、捕らわれの身となったソー(声:三宅健太)は、ロキ(声:平川大輔)に向かって「お前が必要だった。ずっと一緒に戦えると思ってた」とこれまでの戦いで2人の道が離れてしまったことを示唆。「2度と会わない方がお互いのためか」(ロキ)と別れを決意するも、ソーに強引に押し切られ、けがをしたふりをして敵の注意を引く「助けて」ネタを2人でやることに。首尾よく成功させ、「あー懐かしい」と満面の笑みを浮かべるソーと、「やっぱりいやだ。恥ずかしい」とうんざりした表情のロキのギャップが笑いを誘うシーンとなっている。

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」で注目を浴び、本作の監督に抜てきされたタイカ・ワイティティは、本作でのソーとロキの関係性について「この兄弟の人間関係は以前と似通ったもので口論が絶えないが、おそらく心の奥底では深い愛情を抱いているんじゃないかな。自分以上に自分をよく知っている相手であり、最良の親友であり、最悪の敵でもある。今回は2人の関係が発展してお互いにほんの少しだけ信頼し合うようになる姿を見ることができると思うよ」と両者の変化を明かす。

ヘムズワースについては「このキャラクターをとても人間的にして共感できる存在にしてみせているよ。クリス(・ヘムズワース)はとても面白い男で、優れたコメディ俳優だ。彼の演技は最高だよ! クリスはおかしいシーンを演じるとき、とても輝いてその場を圧倒する。私たちは彼のコメディの才能もこの映画で生かしたいと思ったんだ」と語っている。

へムズワース自身も「今回のソーが1番僕自身に近いと思うよ」と話しているほか、ヒドルストンも「クリスは昔からずっと面白いヤツだったけど、ようやくそれを皆さんに見せることができることになったね」とこれまで以上にヘムズワースの“素”が出ていると語っている。

マイティ・ソー バトルロイヤル」は、11月3日に日米同時公開。

(映画.com速報)
シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア[Blu-ray/ブルーレイ] シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,163 現代社会で共同生活を送るバンパイアたちの楽しい日常を、俳優たちの即興演技とモキュメンタリー形式を取り入れて描き、トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門やシッチェス映画祭などで観客賞を受賞したニュージーランド製ホラーコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi