生田斗真、広瀬すず決意の告白にもきょとん「全っ然気づかなかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月28日 > 生田斗真、広瀬すず決意の告白にもきょとん「全っ然気づかなかった」
メニュー

生田斗真、広瀬すず決意の告白にもきょとん「全っ然気づかなかった」

2017年10月28日 13:53

初日挨拶に立った広瀬すず、健太郎ら「先生! 、、、好きになってもいいですか?」

初日挨拶に立った広瀬すず、健太郎ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の生田斗真と女優の広瀬すずが主演する映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」が10月28日、全国336スクリーンで封切られた。2人は共演の竜星涼森川葵らと東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶。生田は、「たくさんの方に届けばいいと思っているし、必ず届くと信じている」と言葉に力を込めた。

タイトルと映画の公開を絡め、「後悔しないための告白」をキャストがそれぞれに披露。広瀬は、生田とのキスシーン直前の昼食でカレーを食べ、「もちろん歯は磨きましたけれど、マネジャーさんに呼び出されて、こういうシーンはそういうことを考えなければいけないんだと。直接言っていなかったので今日言います」と“カレー臭”を気にしていたことを打ち明けた。

だが生田は、「全っ然、気づかなかった。僕が何を食べたかも覚えていない」ときょとんとした表情で、広瀬も「じゃあ、良かった」と安どの笑み。その生田は極端に視力が悪いことを告げ、隣にいる広瀬に向かって「今はコンタクトをしているけれど、裸眼だったら広瀬すずかアリスか分からない」とボケると、広瀬が「妹の方です」としっかり主張し、会場を温かい笑いに包んだ。

さらに終了間際、広瀬が「生田さん、聞きたいことがあるんです」と突然の告白。すると、約500人のファンが一斉に「好きになってもいいですか?」のコールとともにプラカードで巨大なハートを出現させるサプライズで、生田は「うわあ、すげえ。いいよ。でも、迷っちゃうなあ」とほおを緩めた。

それでも、「ちょうど1年前に撮影を始めて、スタッフ、キャストが一丸となって一生懸命愛情を込めて大切に育ててきた。今日からは皆さんが最後まで愛し続け、ずっと心に残る映画になってくれたらうれしい」とアピール。広瀬も、「皆さんの背中を押す優しい映画になっていたらうれしい。この世界にどっぷりとつかってください」と話していた。

舞台挨拶にはほかに健太郎、中村倫也三木孝浩監督が登壇した。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi