クエンティン・タランティーノ、ワインスタインのセクハラ事件について口を開く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月23日 > クエンティン・タランティーノ、ワインスタインのセクハラ事件について口を開く
メニュー

クエンティン・タランティーノ、ワインスタインのセクハラ事件について口を開く

2017年10月23日 11:00

クエンティン・タランティーノ「レザボア・ドッグス」

クエンティン・タランティーノ
Photo by Gabriel Olsen/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米英の警察が捜査を開始したハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの性的暴行およびセクシャルハラスメント事件について、クエンティン・タランティーノ監督が口を開いた。タランティーノは、ワインスタインの汚行が明るみになる何10年も前からこの事実を「知っていた」と告白している。

タランティーノは、1991年の映画「レザボア・ドッグス」で長編監督デビューして以降、ワインスタインの強力なサポートにより監督としての地位を確立してきた。「パルプ・フィクション」「ジャッキー・ブラウン」「キル・ビル 2部作」「デス・プルーフ in グラインドハウス」「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」「ヘイトフル・エイト」はすべて、ワインスタインと組んで世に送り出した作品だ。

ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに応じたタランティーノは、「私の対処は十分ではなかった。もっとすべき行動があったし、それに相当することを知っていた」と語り、何人かの女優たちの被害を把握していたことを明らかにした。「ただの噂やゴシップにとどまるものではなかった。人づてに聞いたことではなかったんだ。私は彼によるいくつかの行為を知っていた。私は自分が聞いたことに関して、自分の義務を果たすべきだったと思っている。もし当時、私がすべき行動をとっていたら、私は彼と仕事をしないことを選択していただろう」と自責の念を語っている。

ワインスタインが過去30年にわたりセクハラを行っていたとする暴露記事がニューヨーク・タイムズ紙、ニューヨーカー誌に掲載されてから、これまで40人以上の女性が被害にあったことを名乗り出ており、なかにはタランティーノの元恋人の女優ミラ・ソルビノも含まれている。タランティーノは今回のインタビューで、交際時にソルビノからワインスタインによるセクハラを聞いていたことを打ち明け、「ショックで愕然とした」が、ソルビノは「誘惑のアフロディーテ」で人気女優となったタイミングだったこと、自分の恋人だとワインスタインが知っていたことから、2度と彼女に手は出さないだろうと考えたと話している。

ソルビノのほか、数年後に別の女優からも同様の被害を聞き、また女優ローズ・マッゴーワンがワインスタインと示談を成立させていたことも知っていたという。「私は出来事を過小評価していた。いま私が言うことは、すべてどうしようもない言いわけに聞こえるだろう。私は50~60年代に上司がデスクの周りで秘書を追いかけていたようなイメージで捉えていたんだ。まるでそれが許されることのようにね。それがいま、私に報いとなって跳ね返ってきている」と弁明。「ハーベイと親しい人ならみんな、少なくとも1度は(セクハラ行為について)聞いたことがあるはずだ」と語り、ハリウッド映画業界の男性たちにワインスタインの事件について詳細を知っていたら、ただ声明を出すだけでなく具体的に事実を告白しようと呼びかけている。

(映画.com速報)
イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 クエンティン・タランティーノ監督×ブラッド・ピット主演で放つ戦争アクション!
ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 タランティーノ監督と豪華キャストがおくる、迫力のバイオレンスアクション作品!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi