米CBSの賭け 「スター・トレック」新作を自社ストリーミングサービスのみで配信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月23日 > 米CBSの賭け 「スター・トレック」新作を自社ストリーミングサービスのみで配信
メニュー

米CBSの賭け 「スター・トレック」新作を自社ストリーミングサービスのみで配信

2017年10月23日 09:00

自社のストリーミングサービスのみで配信

自社のストリーミングサービスのみで配信
Photo by Michael Tran/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米主要ネットワーク局のひとつであるCBSが、自社のストリーミングサービスCBS All Accessのみで配信する「スター・トレック:ディスカバリー」の成績に注目が集まっている。ロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

「スター・トレック:ディスカバリー」は、2005年に終了した「スター・トレック:エンタープライズ」以降で初めて作られたシリーズ最新作。1966~69年に放送された「宇宙大作戦」で描かれた約10年前が物語の舞台となっている。VFXやキャストが多いため1話800万ドルという高い制作費がかかっているのにも関わらず、同局はCBS All Acessでの独占配信を決定。第1話はCBSで全米放映されるものの、2話以降は同サービスのみで視聴可能となる(北米以外ではNetflixのオリジナルドラマとして配信される)。

CBSは全米1億1000万軒の家庭で視聴が可能である一方、CBS All Acessの会員数は200万人しかいない。なぜ同局はこのような賭けに出たのだろうか。アメリカではいま、テレビ視聴習慣が大きな転換期を迎えており、ケーブルテレビや衛星放送の高額パッケージ契約を解約し、NetflixやHuluなどのストリーミング視聴に切り替える視聴者が急増している。

こうした視聴者を取り込むため、有料チャンネルのHBO、Starz、Showtimeなどは独自のストリーミングサービスを開始しており、この流れに乗り遅れまいとネットワーク局のCBSも追随。CBS All Acessを3年前に発足させた際、同局で無料視聴できる番組しかないのに毎月6ドル近くする会費を払う視聴者がいるのかと疑問視されたが、「スター・トレック:ディスカバリー」のような注目作品が独占配信されるとなれば、状況も変化しそうだ。また、北米以外の権利はNetflixが1話あたり600万ドルで獲得しているため、CBSにとっては大きなリスクではなさそうだ。

「いま、テレビを巡る変化がものすごい速度で起きています」とレスリー・ムーンベス最高経営責任者は説明する。「ストリーミングは、我々の未来と、テレビの未来で大きな役割を果たすようになるはずだ」

同局の試みが成功すれば、独自のストリーミングサービスを準備中といわれるウォルト・ディズニーも、満を持して追従することになるかもしれない。

(映画.com速報)
スター・トレック エンタープライズ シーズン1 ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] スター・トレック エンタープライズ シーズン1 ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥13,608 西暦2151年――壮大なスター・トレック・ワールドの始まりを描いたファン必携作!ファン待望の「スター・トレック エンタープライズ シーズン1」のブルーレイBOX。
スター・トレック エンタープライズ シーズン2 ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] スター・トレック エンタープライズ シーズン2 ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥16,330 近未来の宇宙を舞台に描いた、アメリカの人気SFテレビドラマ「スター・トレック エンタープライズ シーズン2」がBlu-ray BOXで初登場。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi