菅田将暉&ヤン・イクチュン、スクリーンに焼き付けたそれぞれの存在意義 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月22日 > 菅田将暉&ヤン・イクチュン、スクリーンに焼き付けたそれぞれの存在意義
メニュー

菅田将暉&ヤン・イクチュン、スクリーンに焼き付けたそれぞれの存在意義

2017年10月22日 06:00

取材に応じた菅田将暉&ヤン・イクチュン

取材に応じた菅田将暉&ヤン・イクチュン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 寺山修司はボクシングにも精通していただけに、「あゝ、荒野」におけるその描写はち密でリアリティに満ちている。体現するにはかなり高いハードルがあることは想像に難くない。だが、菅田将暉ヤン・イクチュンはストイックに自らを追い込み、プロボクサーとして生きることでそれぞれの存在意義をスクリーンに焼き付けた。

ヤンは韓国である程度体を絞ってから来日したが、バリカン建二としてデビュー戦で“対戦”するトレーナーの松浦慎一郎による指導を「ハードトレーニング」だったと断言する。

「すごく体を使いすぎて、テニスエルボーができました。私は右利きなので特に右がひどくて、訓練を受けてはシップを張っていましたね。松浦さんの話では、訓練の量も中身も完全にプロ仕様だったそうです。全くのアマチュアの状態からなので、それくらい激しい訓練でした」

新宿新次として鮮烈なデビューを飾る菅田はさらに深刻で、血液中の酸素濃度が低下し皮膚や粘膜が青紫色になるチアノーゼを生まれて初めて出たそうだ。

「呼吸の量など、多分体が追い付いていかなかったんでしょうね。松浦さんが、ジムの他の場所で練習しているプロの方に『そんなトレーニングをさせちゃダメだよ』と怒られているのを見て笑うけれど、自分の体がサーっとなっていく(と血の気が引いて倒れるような動作)という感じでした」

だが、試合(本番)になると疲れや痛みが「全く気にならなくなる」とアイコンタクトを取って確認し合うあたり、成果は確実に体にしみ込んでいたのだろう。ボクシング・シーンは、顔面以外は当たってもOKのフルコンタクトだったという。菅田が「ヤンさんは腹筋が強いし、パンチもめちゃくちゃ重い」というだけに、ひとつ間違えばという“息もできない”ほどの緊張感をもたらす。

「熱くはなりましたね。それこそ油断してヤンさんのボディを食らったら倒れますから。ボクシングの試合をテレビで見ていても、ボディは効いているのか効いていないのか分からない。解説の人が足にきていますねと言っても、本当に?と思っていたけれど、急にストンってくる感じがすごく分かりました。その経験は面白かったですね」

リングという荒野での、命を賭した死闘。妥協することなく肉体と魂を存分にぶつけ合ったからこそ、互いの理解が深まり確固たるきずなが生まれたといえる。満足げな笑みを浮かべながらヤンが語る。

「現場ではバリカン、新次としてつながっていたし、切っても切れない関係になっていたと思います。撮影に入る前の準備の段階から考えれば6~7カ月、ずっと役の気持ちをつくり続けてきましたし、それが切れてしまったら感情表現もできなくなってしまう。だから2人はずっとつながっていたんです」

同意を示して何度もうなずいた菅田にとっては、大きな刺激となったことは間違いなく、今後の糧としてほしい。もちろん、その表情からは十分に心得ていることがうかがえた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi