山田孝之&知英&安田顕「鷹の爪」アフレコ環境めぐり関係崩壊!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月21日 > 山田孝之&知英&安田顕「鷹の爪」アフレコ環境めぐり関係崩壊!?
メニュー

山田孝之&知英&安田顕「鷹の爪」アフレコ環境めぐり関係崩壊!?

2017年10月21日 15:30

舞台挨拶の予算が残っていない!?「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」

舞台挨拶の予算が残っていない!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCエンタテイメントのキャラクターと、日本の人気Flashアニメ「秘密結社 鷹の爪」がコラボレーションしたアニメ映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」が10月21日、全国42スクリーンで封切られ、声優を務めた山田孝之知英安田顕、FROGMAN監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

バットマンやジョーカーらDCキャラと鷹の爪団が入り乱れる今作。登壇陣は背中に「予算崩壊」と書かれたTシャツを着ており、FROGMAN監督は、映像やプロモーションに費用を投じ過ぎたとしたうえで、「いろいろあり、プロデューサーから『今日の舞台挨拶の予算が残っていない』とガチで言われた」とぶっちゃけた。

さらにバットマン役の山田は、前日が誕生日だったこともあり、客席から祝福の拍手。1畳ほどのスペースで行われたというアフレコについては「すぐ壁で、機械がある。動けないし、しばらくしたら『ごめんなさい、暑い!』となった」と振り返る。ハーレイ・クイン役の知英も「1回目は結構広いところでしたが、2回目は狭かった」と同調したが、ジョーカー役の安田は怪訝な顔で「私はすごく快適なところでやらせてもらった」と語った。

これに山田は「さっき、それを聞いちゃったんですよね。話が違う」といい、「僕が与えられたスペースは60センチくらいでしたよ」とぼやきっぱなし。安田は大笑いしながら「やばいやばい、関係性が崩れていく」とつぶやき、FROGMAN監督は「その話はやめましょう。次にいきましょう」とタジタジだった。

続けて山田が「バットマンの声は機械で変えるのかと思ったら、『ご自身で』と言われた。予算の問題ですか?」と問いかけると、FROGMAN監督は「機械で変えられるって、知らなかったんです」と答え、一同から「いや、できるでしょ!」と総ツッコミ。安田は「『水曜どうでしょう』で私が白塗りで巻物を読んでいるシーンがあるんですが、監督から『それをやってくれ』と言われた。こっちはジョーカーができるとワクワクしていたんですが……」と苦笑いを浮かべ、「ジョーカーは笑い声が特徴的。いろんな笑い声をやらせてもらったんですが、本国アメリカから全部NGが出ました」と再収録したことを明かしていた。

それでも、舞台挨拶は終始和やかな雰囲気で進行。FROGMAN監督は「今年で『鷹の爪』映画10周年。感慨もひとしおです」と目を細め、「(開始)当時はキャスト僕1人で、舞台挨拶も1人。まさかこんなに華々しい舞台挨拶ができるとは、夢にも思っていなかった」と感激していた。

(映画.com速報)
秘密結社 鷹の爪 EX Blu-ray-BOX 上巻[Blu-ray/ブルーレイ] 秘密結社 鷹の爪 EX Blu-ray-BOX 上巻[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥9,098 TVシリーズ『鷹の爪EX(エクストリーム)』。本作でしか見られない&このために企画された超貴重な特典映像満載でBlu-ray BOX化。
秘密結社 鷹の爪 EX Blu-ray-BOX 下巻[Blu-ray/ブルーレイ] 秘密結社 鷹の爪 EX Blu-ray-BOX 下巻[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,165 TVシリーズ『鷹の爪EX(エクストリーム)』。本作でしか見られない&このために企画された超貴重な特典映像満載でBlu-ray BOX化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi