ヘムズワース&ヒドルストン“兄弟”がイチャイチャ?「ソー」最新作メイキング映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月19日 > ヘムズワース&ヒドルストン“兄弟”がイチャイチャ?「ソー」最新作メイキング映像
メニュー

ヘムズワース&ヒドルストン“兄弟”がイチャイチャ?「ソー」最新作メイキング映像

2017年10月19日 12:00

“雷神”としての勇姿も!「マイティ・ソー バトルロイヤル」

“雷神”としての勇姿も!
(C)Marvel Studios 2017
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベル・スタジオの人気シリーズの第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」の特別映像が、公開された。主人公の雷神ソーを演じるクリス・ヘムズワースをはじめとするキャスト・スタッフ陣のインタビュー映像とメイキング映像で構成されている。

強大な力を持つ死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)によって故郷を奪われたソーは、アベンジャーズの仲間として共闘した盟友ハルク(マーク・ラファロ)、宿敵でもある弟ロキ(トム・ヒドルストン)らと型破りのチーム“リベンジャーズ”を結成。ヘラに再び戦いを挑む。テッサ・トンプソンアンソニー・ホプキンスイドリス・エルバジェフ・ゴールドブラムカール・アーバン浅野忠信ベネディクト・カンバーバッチら豪華キャストが脇を固める。

ソーは本作で長髪をばっさり切るなどイメージを一新。作品全体のトーンも、「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」で注目を浴びたタイカ・ワイティティ監督の手腕により、より明るく笑えるものへと変化を遂げた。ヘムズワースは、「本作ではコメディの要素を増やしたかった。ワイティティ監督ともその点で意見が合ったんだ。完結編らしく、思い切りやろうとね」と語る。「完結編にふさわしい登場人物がそろった。衣装や武器が変わり、新たなキャラも加わって作品もパワーアップしてる」。

ハルクこと科学者ブルース・バナーに扮したラファロは「ソーは(故郷)アスガルドの王位につかず自分を探す旅に出た。本作は、その旅が終わるところから始まる」と冒頭部分を解説。映像中には、ソーが何者かに捕らえられる本編シーンや、ヘムズワースとヒドルストンが「キマってる」「君も」とほめ合うオフショットなどが収められている。

撮影現場でかぶとをかぶり、お茶目な一面を見せているワイティティ監督は「本作が描く北欧神話の“終末”は、新たな世界の始まりだ。古きを壊し、新しきを生み出す。そこが面白い。本作は新たなアプローチで挑んだ。スリリングかつ笑える作品だ。コミカルな場面が満載で、手に汗握る臨場感も満点だ」と手ごたえを語っている。マーベル・スタジオの社長でプロデューサーのケビン・ファイギは「新しいキャラクターと新しい敵と新しいロケーションを使って新たなアドベンチャーを語り、今までとはまったく違う作品にすることを目指した。このフランチャイズのトーンをがらりと変えることで、観客の人々を驚かせたいと心から思っているんだ」と変革に踏み切った理由を語っている。

マイティ・ソー バトルロイヤル」は、11月3日に日米同時公開。

(映画.com速報)
マイティ・ソー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マイティ・ソー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,982 「スパイダーマン」「X-MEN」のスタン・リーによるマーベル・コミックを実写映画化。
マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,136 アベンジャーズ最強の男ソーとその弟にして宿敵ロキの壮絶な戦いを描いたアクション超大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi