ジェニファー・ローレンスやリース・ウィザースプーンが過去のセクハラ被害を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月19日 > ジェニファー・ローレンスやリース・ウィザースプーンが過去のセクハラ被害を告白
メニュー

ジェニファー・ローレンスやリース・ウィザースプーンが過去のセクハラ被害を告白

2017年10月19日 11:25

セクハラ騒動の波紋が広がるハリウッド

セクハラ騒動の波紋が広がるハリウッド
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic、
Photo by Steve Granitz/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハーベイ・ワインスタインによるセクハラ騒動の波紋が広がるなか、米ビバリーヒルズで開催されたELLE誌主催のイベント「ウィメン・イン・ハリウッド」にジェニファー・ローレンスリース・ウィザースプーンが出席し、それぞれの体験談を明かした。米ピープル誌が伝えている。

ハリウッドで活躍する女性たちを讃える同イベントで、「駆け出しのころ受けたある映画のオーディションで、製作陣から2週間以内に7キロ減量するよう言い渡されました。そして、私よりずっとスリムな女性5人と全裸で並ばされた挙句、女性プロデューサーに、『この写真を見れば、ダイエットにも励みが出るでしょう』なんてサラリと言われたのです」と屈辱的な過去を振り返ったローレンス。キャリアのためには、不当な扱いを受けても我慢するしかないと自分に言い聞かせてきたなかで「男性に不快な思いをさせられても笑顔でかわすという習癖は、なかなか捨て切れない」と認めたうえで、「性別にかかわらず、すべての人が敬意を持って接せられるべき」と強く訴えた。

一方、ウィザースプーンはワインスタインのセクハラ騒動に触れ、「ハリウッドのみならず世界中の女性たちにとって、過去のトラウマを思い出さざるを得ない厳しい1週間でした。私自身も悪夢のような体験を思い出しながら、なぜもっと早く声をあげなかったのかと自責の念にかられ、眠れぬ夜を過ごしていました」と神妙な面持ちで胸中を明かした後、「16歳の時、私を襲った某監督と、仕事が欲しいなら黙っていろと口止めしたプロデューサーに、改めて激しい怒りを感じています。それ1度きりと言いたいところですが、悲しいことにその後も、幾度となくセクハラや性的暴行を受けました」と衝撃の体験談を告白した。

「これまで公にすることはありませんでしたが、勇気ある女性たちの話を聞き、私も声を大にして語るべきだと思いました。真実を語ることでしか、本当の癒しは得られないと悟ったからです。今日ここにいる若い女性たちが、そうした体験をしないで済むよう、全力でサポートしていくつもりです」と次世代の若手女優にエールを送った。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi