ケイシー・アフレック主演「ストーナー」映画版にトミー・リー・ジョーンズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月19日 > ケイシー・アフレック主演「ストーナー」映画版にトミー・リー・ジョーンズ
メニュー

ケイシー・アフレック主演「ストーナー」映画版にトミー・リー・ジョーンズ

2017年10月19日 11:25

トミー・リー・ジョーンズ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

トミー・リー・ジョーンズ
Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック主演で、作家ジョン・ウィリアムズの小説「ストーナー」を映画化する新作に、トミー・リー・ジョーンズが出演すると米ハリウッド・レポーターが報じた。「つぐない」「路上のソリスト」のジョー・ライトが監督、「誰よりも狙われた男」のアンドリュー・ボーベルが脚色を手がける。

1965年に出版された原作「ストーナー」は、約50年の歳月を経て復刊されるとたちまち脚光を浴びてベストセラーとなり、作家イアン・マーキュアンや俳優トム・ハンクスほか多くの文化人から“完璧に美しい小説”と賛辞が寄せられた。小説は、1891年に米ミズーリ州の貧しい農家に生まれ、大学に進んで教師になったごく平凡な男ウィリアム・ストーナーが、静かにその一生を終えるまでを描いた作品。裕福な家庭で育った妻との複雑な結婚生活、同僚女性との恋に胸を痛めながらも、黙々と働き一人娘を優しく見守り続けるストーナーの姿が、静謐な抑制された筆致で綴られている。

2011年にジェイソン・ブラム率いる製作会社ブラムハウスが原作の映画化権を獲得。映画「ストーナー(原題)」は、アフレックが主人公ストーナー役を演じる。ジョーンズの役柄は不明。イーサン・ホークが製作総指揮、ブラム、チャールズ・S・コーエン、ダニエル・バットセックがプロデュースを務める。

(映画.com速報)
マンチェスター・バイ・ザ・シー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マンチェスター・バイ・ザ・シー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 「ジェシー・ジェームズの暗殺」「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi