新「チャーリーズ・エンジェル」にクリステン・スチュワート&ルピタ・ニョンゴ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月18日 > 新「チャーリーズ・エンジェル」にクリステン・スチュワート&ルピタ・ニョンゴ
メニュー

新「チャーリーズ・エンジェル」にクリステン・スチュワート&ルピタ・ニョンゴ

2017年10月18日 17:00

クリステン・スチュワート&ルピタ・ニョンゴ「チャーリーズ・エンジェル」

クリステン・スチュワート&ルピタ・ニョンゴ
写真提供:アマナイメージズ、
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ソニー・ピクチャーズ製作によるリブート版「チャーリーズ・エンジェル」に、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートと、オスカー女優ルピタ・ニョンゴが出演交渉中と米バラエティが報じた。

1976年から81年にかけて米ABCで放送された、美人探偵トリオの活躍を描く人気テレビシリーズの映画版「チャーリーズ・エンジェル」は、キャメロン・ディアスドリュー・バリモアルーシー・リュー主演で2000年に公開され大ヒットを記録。03年には同じキャストで続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」も製作されたが、前作ほど成績がふるわず、さらなるシリーズ化には至らなかった。

リブート版でシリーズ復活を目指すソニーは、全米大ヒット作「ピッチ・パーフェクト2」で華々しい長編監督デビューを飾った米女優エリザベス・バンクスを監督に起用したのに加え、旬の人気女優らを主演に迎えることで、早い段階から話題作りを仕掛けていこうという意図があるようだ。

交渉が成立すれば、近年インディーズ映画が中心だったスチュワートにとって「スノーホワイト」(12)以来のメジャー作品となる一方で、「それでも夜は明ける」(13)でアカデミー助演女優賞に輝いて以降、ハリウッド大作への出演が相次ぐニョンゴは、この先も大ヒットSFシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12月15日全国公開)にマーベル新作「ブラックパンサー」(2018年3月1日全国公開)と、2本の大作が控えている。

メガホンをとるバンクスが、夫マックス・ハンデルマン(「ピッチ・パーフェクト」「ピッチ・パーフェクト2」)、エリザベス・カンティロン(「コンカッション」)と共に製作を務めるリブート版「チャーリーズ・エンジェル」は、2019年6月7日全米公開予定。

(映画.com速報)
チャーリーズ・エンジェル/チャーリーズ・エンジェル フルスロットル[Blu-ray/ブルーレイ] チャーリーズ・エンジェル/チャーリーズ・エンジェル フルスロットル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,800 ドリュー・バリモア主演で贈る、私立探偵“チャーリー”がセクシーな美女3人を部下に、難事件を解決していく痛快アクション「チャーリーズ・エンジェル」とその続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」の2作品を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi