平野ノラのバブリーなナレーション付き!「バリー・シール」特別CM公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月18日 > 平野ノラのバブリーなナレーション付き!「バリー・シール」特別CM公開
メニュー

平野ノラのバブリーなナレーション付き!「バリー・シール」特別CM公開

2017年10月18日 15:00

今度のトムはギッラギラ!「バリー・シール アメリカをはめた男」

今度のトムはギッラギラ!
(c) Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース]トム・クルーズが、麻薬密輸で莫大な財産を手にした実在のCIAエージェントを演じたクライムアクション「バリー・シール アメリカをはめた男」の特別CMが、公開された“バブルネタ”で知られるお笑いタレントの平野ノラが、自身の持ちネタを織り交ぜつつ作品の魅力を語っている。

オール・ユー・ニード・イズ・キル」のクルーズとダグ・リーマン監督の再タッグ作。天才的な操縦技術を持つ民間航空会社のパイロット、バリー・シール(クルーズ)のもとに、CIAのエージェント(ドーナル・グリーソン)がスカウトに現れる。極秘作戦の偵察機パイロットに転身したバリーは、作戦の過程で麻薬王パブロ・エスコバルらと接触。“運び屋”としても才覚を発揮し始め、ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な密輸ビジネスで巨万の富を築いていく。

CMで「この映画、ぶっ飛びー! 今度のトム様は、ギッラギラにバブリーなワルだぞ!」とテンション高くナレーションを務めた平野は、「こんな形でトム様とお仕事できることがもう本当にマンモスうれピーです。ぶっ飛びーな話ですごくバブリーな内容。私にぴったりだなって思いました」と笑顔満面。

本作では、正義漢のイメージの強いクルーズが、アメリカを手玉に取った“ワル”に扮しているが、平野は、「ワルにもいろいろいると思うんですけど、ワルなのに荒稼ぎしてこないワルって最悪じゃないですか。その点、トム様(演じるバリー)は自分のパイロットの腕前、自分の腕で荒稼ぎしてる……最高に魅力的ですよね!」と目を輝かせて語っている。

バリー・シール アメリカをはめた男」は、10月21日から全国公開。

(映画.com速報)
オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 トム・クルーズ主演、日本発の小説をハリウッドで実写映画化したアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi