「ビートルジュース」続編企画が前進 新脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月17日 > 「ビートルジュース」続編企画が前進 新脚本家が決定
メニュー

「ビートルジュース」続編企画が前進 新脚本家が決定

2017年10月17日 11:00

「ビートルジュース」の一場面「ビートルジュース」

「ビートルジュース」の一場面
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数年前に企画が持ち上がって以来進捗が見られなかった、米ワーナー・ブラザース製作による「ビートルジュース」の続編「ビートルジュース2(原題)」が、新たな脚本家を迎えたことでようやく始動した。

ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演で1988年に公開された「ビートルジュース」は、交通事故で死んでしまった新婚カップルが、霊界の“バイオ・エクソシスト”ことビートルジュース(キートン)の助けを借りて、自分たちの家に引っ越してきた一家を追い出そうと奮闘する姿を描いたホラーコメディ。最近もロサンゼルス市内の劇場2館でリバイバル上映されるなど、いまだ根強いカルト人気を誇っている。

新たに続編の脚本を執筆することになったのは、注目の新人脚本家マイク・ブカディノビッチ。今年のサンダンス映画祭でプレミア上映されたピーター・ディンクレイジ主演の新作SF映画「Rememory(原題)」のほか、97年に惜しまれながら幕を閉じた米カリフォルニアのディズニーランド・パークのアトラクションを、映像作家ピート・キャンデランドのメガホンで実写映画化する「Mr. Toad's Wild Ride(原題)」の脚本も手がけている。

米Deadlineによれば、現在3度目のコラボレーションとなる実写版「ダンボ」の製作準備に取りかかっているバートン監督とキートンは、共に続編への復帰に意欲的ではあるものの、正式な契約を結ぶまでには至っていないという。多くのファンが熱望する続編でオリジナル版の黄金コンビ復活となるか、今後のさらなる進展に期待が集まる。

(映画.com速報)
ビートルジュース 20周年記念版[Blu-ray/ブルーレイ] ビートルジュース 20周年記念版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 ある日突然死んでしまったカップルの霊が、生前住んでた家に移り住んできた一家をあの手この手で追い出そうとするホラー・コメディー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi