蒼井優&阿部サダヲ、「かの鳥」ファンの光浦靖子とラストの解釈を討論? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月17日 > 蒼井優&阿部サダヲ、「かの鳥」ファンの光浦靖子とラストの解釈を討論?
メニュー

蒼井優&阿部サダヲ、「かの鳥」ファンの光浦靖子とラストの解釈を討論?

2017年10月17日 21:00

原作の大ファンという光浦靖子「彼女がその名を知らない鳥たち」

原作の大ファンという光浦靖子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」の公開を記念し、10月17日にヴィレッジヴァンガード渋谷本店でトークイベントが開催。主演の蒼井優阿部サダヲ白石和彌監督、そして原作の大ファンという光浦靖子が来場した。

“共感度ゼロ”の最低女・十和子(蒼井)と下劣な同棲相手・陣治(阿部)ほか、救いようのない人間たちの愚かさと愛に迫っていく本作。ヴィレッジヴァンガード渋谷本店の店員が蒼井、阿部、白石監督、そして沼田作品の大ファンということでダメ元でオファーをしたところ、このトークイベントが実現したという。

原作および、沼田ファンを公言する光浦は映画について「正直に、面白かった。原作を読んでて気づかなかったけど、十和子ってキレイだったんだ!と気づいた」と語る。陣治のみならず、竹野内豊演じる元恋人の黒崎、松坂桃李扮する妻子持ちのゲス男・水島など、次々と男たちが魅了されるとあって、十和子が魅力的であることは不思議ではないが「原作でも容姿についてほとんど書かれてないんですけど、(映画を見て)謎が解けました」と納得の表情。このコメントに照れ笑いを浮かべた蒼井は「“程よい”顔だと思います(笑)。芸能界にいそうでいない……。女優をしてると『キレイ』と言わないといけない空気があって、それがすごく苦手なんです(苦笑)。ほどほどの顔でやらせてもらってます」と語る。

一方、阿部が演じた陣治は食べ方から何から汚い男だが、阿部は「楽しかったです。演じてるときはどこまでも汚くしていい!」と笑顔で述懐。白石監督は、十和子との年齢差を勘案しつつ「汚しがいがあるのは誰か?」と考えて阿部にオファーしたそうだが「瞳が美しい。目は汚せないって気づきました」と語り、光浦も「茶目(目の茶色い部分)がきれい!」と絶賛する。

改めて、本作の結末についてハッピーエンドなのか、それともバッドエンドなのか問われると、光浦は「個人的にはアンハッピーなエンドだと思う。光が見えそうで……でも『見えない』方にカウントしちゃう」と語り、阿部は「僕はハッピーエンドと言いたい」とうなずき、「見終わってこういうディスカッションができる映画です」と訴える。一方の蒼井は、「日によって違うんです」と告白。「この映画のことを考えることがよくあるんですが、『美しい』『すごいものを見た』と思う日もある。爽快とは違うけど、突き抜けるような感覚を感じることもあれば、突き落とされる感じもある」と繊細に揺れる思いを口にしていた。

彼女がその名を知らない鳥たち」は、10月28日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi