瑛太、安藤サクラに挑戦状「この映画を見に来い!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月14日 > 瑛太、安藤サクラに挑戦状「この映画を見に来い!」
メニュー

瑛太、安藤サクラに挑戦状「この映画を見に来い!」

2017年10月14日 14:00

安藤サクラ、この映画を見に来い!「リングサイド・ストーリー」

安藤サクラ、この映画を見に来い!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 佐藤江梨子瑛太がダブル主演した「リングサイド・ストーリー」が10月14日、全国15スクリーンで公開され、2人をはじめ共演の武尊黒潮“イケメン”二郎、メガホンをとった武正晴監督が東京・新宿武蔵野館での舞台挨拶に出席した。

プロレス団体「WRESTLE-1」で働き始めたことで、徐々にプロレスに魅了されていく江ノ島カナコ(佐藤)と、10年来の恋人である売れない役者・村上ヒデオ(瑛太)の奮闘を描いた人情コメディ。出産からの銀幕復帰を果たした佐藤は、「(物語に)役者さんあるあるがいろいろ出てきて。これは、すぐにやりたいと思いました」と述懐し、「ヒデオが遭遇する、急に売れ出した人がどうするとか、売れている人が売れなくなったらこう言われるとか。自分にも言われている気分になっていました」と話す。武監督は「学生の時に、新宿武蔵野館でアルバイトをしていた」そうで、客席を見渡し「特別な景色。『やったな』という感じですね」と万感の思いを口にした。

さらに瑛太は、演じたヒデオに強い共感を得ていた模様。「自分も俳優という職業に就きましたが、仕事が来ず、100円ショップでキャベツだけ買って、食べていた時期もあります」と極貧だった時期を告白し、「そのころを思い出した。オーディションで『絶対にほかのやつと違うことをやる』と取り組んだり」と苦労した下積み時代に思いを馳せる。そして「『俳優の“俳”は“人に非ず”と書く』とヒデオは言います。崖から飛び降りる覚悟で生きる、そういう勇気みたいなものに、原点回帰できました。予定調和じゃつまらないし、ただのお仕事にしたくない。挑戦し続けたいということを、ヒデオに感じさせてもらいました」と、うつむきがちだが情熱のこもった口調で明かした。

今作は韓国で開催中の第22回釜山国際映画祭に招待されており、佐藤&瑛太&武監督が1泊2日の日程で現地入り。佐藤は「劇中に、ヒデオが『カンヌのレッドカーペット歩かせてやるよ』と言うシーンがあります。釜山のレッドカーペットを初めて歩いて、こういうのが特別な景色なんだと、ヒデオを信じてよかったと思った」と感慨を語る。瑛太も「演じたヒデオの夢を、半分叶えられたかなと思います」と同調し、「お客さんの迫力に圧倒されましたね。韓国の方たちの映画への愛がすごい」と脱帽していた。

また瑛太は、武監督がボクシングを題材に描き、国内外で高く評価された「百円の恋」(安藤サクラ主演)を引き合いに、「僕自身は『リングサイド・ストーリー』は『百円の恋』を超えたと思っています」と自信をみなぎらせる。続けて「安藤サクラ、この映画を見に来い!」と挑戦状を叩きつけ、観客の喝さいを浴びていた。

(映画.com速報)
百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,728 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi