西田征史監督「泥棒役者」マル秘動画公開を約束 宮川大輔「俺も見る!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月14日 > 西田征史監督「泥棒役者」マル秘動画公開を約束 宮川大輔「俺も見る!」
メニュー

西田征史監督「泥棒役者」マル秘動画公開を約束 宮川大輔「俺も見る!」

2017年10月14日 14:00

宮川大輔と西田征史監督「泥棒役者」

宮川大輔と西田征史監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独主演を飾った「泥棒役者」が10月14日、開催中の京都国際映画祭2017の特別招待作品として上映され、出演の宮川大輔とメガホンをとった西田征史監督が、よしもと祇園花月で行われた舞台挨拶に出席した。京都は西田監督にとって、丸山との思い出の地。「(丸山と)プライベートで旅行に来ました。伊勢神宮に行ってから、泊まった場所なんです。丸ちゃんの出身地でもありますし、今日この場所で上映できることが本当に幸せです」と感慨深げに話していた。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本で知られる西田監督が演出した、同名舞台を映画化。元金庫破りの泥棒・大貫はじめ(丸山)が、忍び込んだ豪邸で人に見つかり続け、バレたくない一心で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」を必死に演じる様子をコミカルに描いた。

はじめの昔の泥棒仲間・畠山則夫役に扮した宮川は、台本を居酒屋で読んでいたことをツッコまれながらも「ラストの展開は本当にびっくり。サブいぼがブワーっと出て、めっちゃええやんと思った」と西田監督のストーリーテリングの妙に驚いた模様。「西田監督とは『ガチ☆ボーイ』から本当に仲がよくて。最初はこんなに才能があるとは思わなくて、バカにしていたんですよ(笑)。でも、元々お笑いをやられていたこともあって、僕らの空気をすごく感じてくださる。現場がスムーズで明るく、スマートなんです」と大きな信頼を寄せていた。

西田監督は丸山を起用した理由として「パブリックイメージの明るい印象とは別に、時折見せる寂しそうな表情をもっと引き出したいと思っていた」と告白。一方、宮川は「本読みの段階から、役に入る姿勢がすごい」と絶賛しながらも、唯一の欠点を見つけていたようだ。「現場によくお菓子を買ってきてくれたんですけど、センスが良くない。嬉しいんですけど、選んだのが“焼きそばせんべい”とか。市村(正親)さんなんか1枚も食べていなかった」と暴露すると、西田監督は慌てて「いやいや、食べていましたよ(笑)」と丸山をフォロワーしていた。

やがて、司会から「ユーチューバー・高梨仁(片桐仁)が劇中でYouTubeにアップしていた動画をもっと見てみたい」と要望があると、「実際にYouTubeにアップするということ?」と宮川。その言葉を受けて、西田監督は「実はきちんと動画を撮影しているんです。YouTubeにアップします」と宣言した。「8本分ありまして、全部で13分位あります。公開前にアップします!」と続けると、場内は拍手喝さい。宮川も思わぬサプライズに「俺も見る!」と喜びを爆発させていた。

泥棒役者」は、11月18日から公開。京都国際映画祭2017は、10月15日まで開催中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi