浜辺美波、三木孝浩監督作MVに出演!Aimer新曲「花の唄」で神秘的に舞う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月11日 > 浜辺美波、三木孝浩監督作MVに出演!Aimer新曲「花の唄」で神秘的に舞う
メニュー

浜辺美波、三木孝浩監督作MVに出演!Aimer新曲「花の唄」で神秘的に舞う

2017年10月11日 07:00

「花の唄」MVを幻想的に表現「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower」

「花の唄」MVを幻想的に表現
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手人気女優の浜辺美波が、三木孝浩監督が手がけた女性シンガーAimerの新曲「花の唄」ミュージックビデオに出演していることがわかった。映像はYouTube(https://www.youtube.com/user/aimerSMEJ)で公開されており、ダークな世界観に包まれながら、色とりどりの花に囲まれた浜辺が、神秘的な魅力を発揮するさまをとらえている。

深みのあるハスキーボイスが人気を博し、8月29日に開催された初の日本武道館ワンマンライブはチケットが即日完売となるなど、注目を集めているAimer。新曲「花の唄」はアニメ映画「劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower」(10月14日公開)の主題歌に起用されている。

そして「青空エール」「先生! 、、、好きになってもいいですか?」など、数々の恋愛映画を手がけてきた三木監督が、Aimerとはセカンドシングル「Re:pray」以来2度目のタッグを組んだ。三木監督は「この楽曲がとてもエモーショナルで、『劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower』の世界とすごくシンクロした歌だったので、ミュージックビデオもその世界へのリスペクトを込めつつ、少女の内なる葛藤を幻想的に表現したいと思いました」と説明したうえで、「君の膵臓をたべたい(2017)」などで輝きを放った浜辺の起用について「浜辺美波ちゃんは以前お仕事でご一緒してて、その透明感とどこか憂いある表情が今回描きたいテーマにピッタリだったので、オファーしました。Aimerの唯一無二のその歌声とともに、美波ちゃんの繊細で儚い表情をミュージックビデオで楽しんでもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi