「KAT-TUN」上田竜也、共演者と写真撮影できずしょんぼり「寂しかった…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月10日 > 「KAT-TUN」上田竜也、共演者と写真撮影できずしょんぼり「寂しかった…」
メニュー

「KAT-TUN」上田竜也、共演者と写真撮影できずしょんぼり「寂しかった…」

2017年10月10日 15:30

会見に出席した中村倫也、大野いと、 野波麻帆、家入レオ、夏木マリ

会見に出席した中村倫也、大野いと、
野波麻帆、家入レオ、夏木マリ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「KAT-TUN」の上田竜也が連続ドラマ初主演を飾るテレビ東京系「新宿セブン」の会見が10月10日、東京・六本木一丁目の同局で行われ、上田をはじめ共演の中村倫也大野いと野波麻帆家入レオ夏木マリが出席した。

「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社刊)で連載中の同名人気コミックが原作。東京・新宿歌舞伎町の質屋店主で、抜群の鑑定眼を持ったアウトローな主人公・七瀬(上田)が物の真贋を見極め、依頼人の悩みや事件を解決していく姿を本格的なアクションを盛り込み描いた。

連ドラ初主演の上田は「(七瀬役は)自分と共通する部分がたくさんあり、演じていてストレスもあまりない。好き放題暴れさせてもらって、とても楽しいです」と充実感をみなぎらせ、「(中村演じる)相方・健太とはアドリブのようなやり取りで、毎回笑いをこらえるのが大変。和気あいあいとした空気を感じてもらえる」とアピール。対する中村も「ちょっと“アホの子”の役の僕がガチャガチャすることで、上田さんの新しい良さが引き出せるかなと、2割くらい感じています。ね?」と顔を近づけ、上田は「大変なんだから、リアクションが」と笑った。

さらに共演陣が、上田の“意外な一面”を暴露するひと幕も。中村は「いっぱい差し入れをくれるんです」と切り出し、「若いスタッフが多くて、衣装の子が『クレープを食べたい』とよく言うんです。僕は『うるせえな』と思うんですが(笑)、上田さんは言葉に出さず、その日の夕方にはドサッと届けてくれる。やっぱりスターはお金を持っている」と説明。上田は「違うよ、年とったんだよ。若い子の喜んでいる顔を見ると、なんか嬉しいんだよね」と明かし、中村が「僕、いま車がほしいんですよね」とおねだりすると、「もう30歳超えているよね?」と切り返し場内を沸かせた。

また夏木は、「上田さんの寂しい顔を発見しました。そこがチャーミングで、やられちゃいました」とポツリ。「今、皆でSNSをやっていて、現場で写真を撮り合うんですが、ジャニーズ関係は(WEBの)写真NGじゃないですか。そうしたら『僕、寂しいんです』とボソッと言うんです」と振り返ると、上田は「みなさん、写真撮ると仲良くなるじゃないですか。誰にも誘われないから、すごく寂しい」と肩を落とす。これに夏木は「撮ったら罰せられそうだから(笑)。みんな気を使っているんだよね」と優しくフォローを入れ、上田は「じゃあ、プライベート用で!」と懇願していた。

「新宿セブン」は10月13日から毎週金曜深夜0時12分に放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi