森川葵、高校時代はギャルだった「カラコンにメイク、ルーズソックスで…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月7日 > 森川葵、高校時代はギャルだった「カラコンにメイク、ルーズソックスで…」
メニュー

森川葵、高校時代はギャルだった「カラコンにメイク、ルーズソックスで…」

2017年10月7日 16:04

目黒学院高校の文化祭にサプライズで登場「恋と嘘」

目黒学院高校の文化祭にサプライズで登場
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 140万部を誇る人気コミックを実写映画化した「恋と嘘」に出演の森川葵、ダンスロックバンド「DISH//」の北村匠海、劇団EXILEの佐藤寛太が10月7日、東京・目黒学院高校の文化祭にサプライズで登場した。

3人が校庭に現れると、生徒たちは「かわいい~」「なんかいい匂いがする」と大歓声。森川は、自身の高校時代について聞かれると、「ギャルっぽい子が多かったので、そこになじみたくてカラコンにメイク、ルーズソックスで行っていた」と、いきなりのカミングアウトだ。

北村が「ちょっとイヤなんだけれど」と渋面をつくったが、「そのぶん、今は落ち着いているのかも。でも、ルーズソックスはいまだにちょっとはきたい」と平然としたもの。文化祭の思い出に関しても、「工業系だったので、木を削って椅子を作ったり製図を描いたりしたものを展示して、その受付で座っていた」とガテン系だったことを告白した。

対する北村は、「中高6年間、特に問題ないと言われて過ごした。友達も2、3人で、ギャルもいなかったし。平凡ですよ」と淡々とした表情。文化祭も、「1年の時は委員だったので準備をひたすら頑張って、本番は仕事で行けなかった」とさらに悲しい過去を披露した。

映画は、16歳の誕生日に政府通知で将来の結婚相手を知らされる世界で、女子高生がその相手と幼なじみとの間で揺れ動く姿を描く。森川は、結婚相手の決め手について「おいしいものを食べに行くのが好きなので、一緒に行って楽しくて、おいしいを分かち合える人」と話し、女子高生から再び「かわいい~」の声援を浴びていた。

恋と嘘」は、10月14日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi