初音映莉子&高良健吾の“大人の色気”漂うラブシーン 「月と雷」映像披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月5日 > 初音映莉子&高良健吾の“大人の色気”漂うラブシーン 「月と雷」映像披露
メニュー

初音映莉子&高良健吾の“大人の色気”漂うラブシーン 「月と雷」映像披露

2017年10月5日 20:00

20年ぶりに再会した男女の、 儚く艶やかなラブシーン「月と雷」

20年ぶりに再会した男女の、
儚く艶やかなラブシーン
(C)角田光代/中央公論新社
(C)2017「月と雷」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 初音映莉子高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の新映像が、このほど披露された。初音と高良が演じた、大人の色気が漂う儚くも艶やかなラブシーンを収めている。

八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を原作に、「海を感じる時」の安藤尋監督によるメガホン、「人のセックスを笑うな」の本調有香による脚本で映画化。幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子(初音)の前に突然、20年前に半年だけ共に暮らしていた亡き父の愛人の息子・智(高良)が現れ、“普通の生活”を求めていた泰子の人生が変わり始めていくさまを描いた。

映像は、20年ぶりに再会した泰子と智が寝床に就く模様を映し出している。うとうとと眠っていた智に、泰子は「あれ、したいな。子どもの時、してくれたやつ」と背中を預ける。そして2人は、離れていた時間を埋めるように、距離を縮めていく。

今作にはラブシーンが数度登場するが、「花芯」などでも美しい濡れ場を創出してきた安藤監督は、本映像のひと幕を「女性主導のラブシーンにしたかった」と語る。そのうえで「女性が主役の、意思を持った上でのシーンにしたかったんです。個人個人の魂のまじわりというか、感情の交換が現れるシーンなので、男性主体で始まるものではない。家族とは全然違う赤の他人だけれども双子、というような、2人にしかわからない関係性を意識しながら撮影しました」と振り返っている。

月と雷」は、ほか藤井武美黒田大輔市川由衣村上淳木場勝己草刈民代が共演。10月7日から東京・テアトル新宿ほか全国順次公開される。

(映画.com速報)
八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,758 直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が衝撃の映画化!
紙の月 Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 紙の月 Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,046 原作・角田光代、監督・吉田大八、主演・宮沢りえのタッグで贈るクライムサスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi