飯豊まりえも激しく同意?現役JK監督が杉野遥亮に強烈ダメ出し : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月5日 > 飯豊まりえも激しく同意?現役JK監督が杉野遥亮に強烈ダメ出し
メニュー

飯豊まりえも激しく同意?現役JK監督が杉野遥亮に強烈ダメ出し

2017年10月5日 18:15

完成披露試写会に出席した 飯豊まりえ、杉野遥亮ら

完成披露試写会に出席した
飯豊まりえ、杉野遥亮ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第4回「ドラマ甲子園」で大賞に輝いた、高校2年生・栗林由子さんの脚本をドラマ化した「青い鳥なんて」の完成披露試写会が10月5日、ダイバーシティ東京で開催された。栗林さんをはじめ、主演の飯豊まりえ、共演の杉野遥亮中村ゆりかが出席した。

「ドラマ甲子園」は、全国の高校生を対象とした脚本・演出家才能発掘プロジェクト。最年少の高校2年生で大賞を受賞した栗林さんは、ドラマ化にあたり、監督に初挑戦したため「撮影が進むに連れ、自分の弱いところや、考えの甘さを知った。同時にドラマ撮影の楽しさも知った。それはドラマ甲子園ならでは。他の賞では経験できなかった」と達成感をにじませる。

本作は、夏休み最後の1日を舞台に描く、青い鳥をめぐる物語。彼氏の浮気を疑う主人公・麻寺夏恋愛(あさでら・かれあ)を演じた飯豊は、「私も高校時代にいろんなことがあった」と明かし、「高校生って、常に鮮度があって素敵だったな、高校時代は楽しかったなということを思い出させていただきました」とニッコリ。“現役JK監督”とともに挑んだ撮影を、「監督の意志がはっきりしていた。1言ったら、10で返してくれるので、すごくやりやすかったです」と振り返り、「ストレートなので、私たちも意見が言いやすかったです」と絶賛した。

また、杉野は「最初に本読みをした時に、『棒読みをやめてもらえますか』と言われて(笑)」と明かし、「やっぱり(栗林さんは)演劇部の部長さんですから! 厳しいなと思って」と苦笑い。「ショックだった」と肩を落とす杉野に対し、飯豊は「でも、棒読みだったよ(笑)」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

「青い鳥なんて」は、CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメで10月22日午後11時から放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi