画業40周年、怪獣絵師・開田裕治氏のウルトラマン原画展開催 描き下ろしの大作も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月4日 > 画業40周年、怪獣絵師・開田裕治氏のウルトラマン原画展開催 描き下ろしの大作も
メニュー

画業40周年、怪獣絵師・開田裕治氏のウルトラマン原画展開催 描き下ろしの大作も

2017年10月4日 17:00

画業40周年を迎えた“怪獣絵師”開田裕治氏「キングコング 髑髏島の巨神」

画業40周年を迎えた“怪獣絵師”開田裕治氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “怪獣絵師”として知られるイラストレーターの開田裕治氏によるウルトラマン画を中心にした原画展「怪獣絵師 開田裕治のウルトラマンズ・ギャラリー」が10月4日、タワーレコード渋谷店で開幕した。

ウルトラマンシリーズのほか、ゴジラから機動戦士ガンダム、宇宙戦艦ヤマト、など、怪獣からロボット、SF作品を得意とし、近年では「キングコング 髑髏島の巨神」日本版ポスターや「シン・ゴジラ」エヴァンゲリオンコラボイラストを手掛けた、開田氏の画業40周年を記念し発刊された画集「怪獣絵師 開田裕治のウルトラ画帖 Ultimate」に合わせた展覧会で、開田氏の作品群で最も作品数の多い“ウルトラマン”にスポットを当てた。

「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンパワード」など、手描き作品約150点を中心に、「ウルトラマンティガ」「ウルトラマンガイア」「ウルトラマンダイナ」「ウルトラマン」のデジタル作品も展示、エントランスには大作「ウルトラ怪獣大進撃」と、描き下ろしの「ウルトラ大進撃」が出迎える。

「40周年をこういう形で迎えられて意義深い。ベストセレクションのような形で見ていただけると思う」と開田氏。キャラクターと名場面の魅力を活かしながら、開田氏独自の世界観を反映させた画風が特徴だ。1980年代後半からサウンドトラックやレーザーディスクのジャケット画などの依頼を受け、「自由に描いてよいと言われ、うれしくてうれしくて、脳内で妄想していたものをストレートに表現した」と振り返る。ウルトラマンを描くときの心持ちを「実際は着ぐるみなのでしわやたるみもあるものだけれど、少年時代に白黒テレビで見ていた頃、実際に40メートルの銀色の巨人が怪物と闘っていると感じ、そのときの気持ちをそのまま絵に表すようにしている」と語った。

タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAIで開催中。会期は10月24日まで。13日までが第1期、14~24日を第2期とし展示替えを実施する。入場料500円(税込)。

(映画.com速報)
【初回仕様】キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,954 1933年に製作された特撮映画の古典「キング・コング」を筆頭に、これまでにも数々の映画で描かれてきたモンスターの王者キングコングの起源を、コングの故郷である髑髏(どくろ)島を舞台に描いたアドベンチャーアクション大作。
シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi