池田エライザ、中尾暢樹&前山剛久の“男同士のバックハグ”に胸キュン! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月3日 > 池田エライザ、中尾暢樹&前山剛久の“男同士のバックハグ”に胸キュン!
メニュー

池田エライザ、中尾暢樹&前山剛久の“男同士のバックハグ”に胸キュン!

2017年10月3日 20:30

道着姿で登壇「一礼して、キス」

道着姿で登壇
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 加賀やっこ氏の人気コミックを実写映画化した「一礼して、キス」の完成披露先行上映会が10月3日、東京・新宿バルト9で行われ、映画初主演を飾った池田エライザ中尾暢樹、共演の前山剛久結木滉星が道着姿で舞台挨拶に出席した。

全7巻の累計発行部数が100万部を突破した加賀やっこ氏による同名コミックを、「クローバー」「ReLIFE リライフ」などの古澤健監督が映画化。青春を弓道に捧げてきたピュアな高校3年生・岸本(池田)と、不器用ながら一途にを思う後輩・三神曜太(中尾)が、両思いなのにすれ違ってしまう、もどかしい恋模様を描く。

弓道の特訓に励んだ池田&中尾だが、練習ではライバル意識がむき出しだったという。池田は「ずっとバチバチしていました。先生に『中尾さんはどこまでいきましたか? 私より先に、的に当たっちゃいましたか?』と聞いたり」と笑い、「私は邪念があるから当たらないんだと気づいて、邪念を捨てたら、本番当日に当たったんです!」と無邪気に話していた。

さらに男性キャストは「すぐに仲良くなった」そうで、結木は「撮影が終わってから、(共演した)『超特急』の松尾太陽の家に、3人で泊まりに行きました。佐藤友祐と、おれと、暢樹。夜中の2、3時に『超特急』のライブDVDを見ていたり、生で歌ってくれたりした」と明かす。これに池田は「知らなかった。仲間はずれ……」と大きく口を開けながら、「フレッシュな男の子たちがたくさんいて、もう、寮母の気分でした。道場の上の畳で皆で丸になって寝ていて、『おやすみなさい』って思った」と振り返っていた。

また、劇中で披露される“壁ドン”や“頭ポンポン”などを、男性キャスト3人が各々に実演するひと幕も。「男性同士が実演」と聞き、一同は「おかしいでしょ」「それは需要あるんですか?」と困惑顔だが、池田は「すごく見たいです!」と目を輝かせた。

結木が中尾の頭をポンポンとたたき、前山が結木に“エア壁ドン”を行うと、場内に黄色い声援が飛び交う。そして中尾が前山を後ろから抱きすくめ、「俺の好きな色は、ピンクなんだよ」とささやいた瞬間、体をのけぞらせた池田は「ある一部の層にかなり受けると思います。私もそこです」とハートを射抜かれていた。

最後に、中尾は「一昨日、弓道審査で初段受かりました!」とファンに報告。祝福の拍手を受けながら「間に合いましたよ、映画公開に! この映画で弓道が好きになって、続けていました」と晴れやかな表情で語っていた。「一礼して、キス」は、11月11日から全国公開。

(映画.com速報)
クローバー【豪華版】Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] クローバー【豪華版】Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,406 女子がキュンとくる恋愛シチュエーションを取り上げた少女コミック「クローバー」(原作:稚野鳥子)が実写化!
ReLIFE リライフ 豪華版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ReLIFE リライフ 豪華版Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 27歳ニートが、1年限定で17歳に。1年後、驚きの未来が胸を打つ、青春ストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi