「仮面ライダーエグゼイド」Vシネマに柳ゆり菜&ハリー杉山が参戦! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月1日 > 「仮面ライダーエグゼイド」Vシネマに柳ゆり菜&ハリー杉山が参戦!
メニュー

「仮面ライダーエグゼイド」Vシネマに柳ゆり菜&ハリー杉山が参戦!

2017年10月1日 09:30

柳ゆり菜が妖艶な女医に!「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」

柳ゆり菜が妖艶な女医に!
(C)2018 石森プロ・ADK・バンダイ・
東映ビデオ・東映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「仮面ライダーエグゼイド」の続編となるVシネマシリーズ「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」パート1~3のゲスト出演者が発表され、グラビアアイドルで女優の柳ゆり菜、タレントのハリー杉山の出演が明らかになった。

2016年10月~17年8月にテレビシリーズが放送された「仮面ライダーエグゼイド」は、若き研修医・宝生永夢が、仮面ライダーエグゼイドに変身し、未知のゲームウイルス、バグスターから患者の命を守るべく奮闘する物語。17年8月には、テレビシリーズの“その後”を描いた「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」が公開された。

Vシネマシリーズ「トリロジー アナザー・エンディング」は、「PartI 仮面ライダーブレイブ&スナイプ」「PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピー」「PartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザー」の3作品で構成。「トゥルー・エンディング」から2年後の世界を舞台に、ストーリーが展開される。

パート1~3の全てに出演する柳は、遺伝子医療の権威で、“ゲーム病”で消滅した人々を再生する術を模索する女医・八乙女紗衣子を演じる。「念願の仮面ライダー作品に参加できる事をすごく嬉しく思います」と述べ、「優しく妖艶でこの作品のキーとなる女医、八乙女紗衣子をとても楽しく演じさせて頂きました。仮面ライダーエグゼイドの世界を更に盛り上げられていたら本望です」とアピールしている。

一方の杉山は、アメリカ人ゲーマーのルーク=キッドマン役で、パート1のみに出演する。ルークは、アメリカで西馬ニコとのゲーム勝負に敗れたことを機に、恋心が芽生え、ニコを追って日本にやってくる熱い男。ウエストポーチ&バンダナの“オタクファッション”に挑戦した杉山は、「海を渡り、愛するニコを追うルークのハートは熱く、少し気持ち悪くても憎めない存在です(笑)」と明かしている。またルークの登場によって、花家大我とニコの関係にも変化が生じる。

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」シリーズは、18年初春に公開予定。ブルーレイ&DVDは18年3~4月に順次発売される。

(映画.com速報)
仮面ライダーエグゼイド Blu-ray COLLECTION 1[Blu-ray/ブルーレイ] 仮面ライダーエグゼイド Blu-ray COLLECTION 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥16,553 宝生永夢(ほうじょう・えむ)は、人の命を助けたいと願い、医者の道を選んだ。ある日、自分が担当する患者に見たことのないウイルスを発見する永夢。それこそが衛生省が極秘に扱っていたバグスターウイルス=コンピューターゲームから発生したウイルスだった。衛生省から派遣された明日那は、永夢を颯太の担当から外しこの件に関わらないように告げるが…。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コン...[Blu-ray/ブルーレイ] 仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コン...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥15,984 舞台は劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』から2年後の世界。ラスボスとして立ちはだかるのはゲンム!?黎斗が仕掛ける最後のゲームに、すべてのライダーたちが翻弄される。テレビシリーズでは語られなかった3つの連なったエピソードが明らかになる。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi