キャスリン・ビグロー最新作「デトロイト」2018年1月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月29日 > キャスリン・ビグロー最新作「デトロイト」2018年1月公開
メニュー

キャスリン・ビグロー最新作「デトロイト」2018年1月公開

2017年9月29日 08:00

史上初の女性オスカー監督、最新作も社会派作品「ハート・ロッカー」

史上初の女性オスカー監督、最新作も社会派作品
(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 史上初の女性オスカー監督キャスリン・ビグローの最新作「デトロイト」が、2018年1月に公開されることが決定した。

イラク戦争下のバグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊隊員を描いた「ハート・ロッカー」(08)でアカデミー賞監督賞に輝き、続く「ゼロ・ダーク・サーティ」ではオサマ・ビンラディン捕縛・暗殺作戦の裏側を描いたビグロー監督が、1967年に起きたデトロイト暴動の衝撃の一夜を描く。前出の2作と同様マーク・ボールが脚本を執筆、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のジョン・ボヤーガが主演を務めた。全米では8月4日に公開され、早くもアカデミー賞候補の有力作として注目を集めている。

題材のデトロイト暴動は、捜査中の警官が黒人少年をなぐったことがきっかけで発生した大規模な暴動。5日間で38人が死亡、1000人以上が負傷した。

映画で描かれるのは、暴動2日目の夜、アルジェ・モーテルでの出来事。銃声の通報があり、デトロイト警察をはじめ、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館で捜索を開始する。数人の警察官が捜査手順を無視し、宿泊客たちに不当な尋問を強制的に始め、尋問は誰かれ構わず脅迫し、自白を強制する「死のゲーム」へと変ぼうしていく。ビグロー監督は「リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語っている。

「デトロイト」は2018年1月からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

(映画.com速報)
【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 「ハート・ロッカー」(兵隊用語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する)は、高度な専門テクニックと冷静沈着な判断力を求められる爆弾処理班の若き米兵士3人を主人公に、2004年の夏、バグダッド郊外での彼らの38日間の任務を追う戦争アクション映画。
ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,302 史上最も過酷な作戦に投入された、20代の女性マヤ。ビンラディン搜索に全てを捧げた彼女の、想像を絶する想いとは―。『ハート・ロッカー』の監督×脚本家が、ビンラディン暗殺の真実に迫る衝撃の実話。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi