実写「鋼の錬金術師」IMAX&4DX上映決定!スクリーン数は400以上に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月29日 > 実写「鋼の錬金術師」IMAX&4DX上映決定!スクリーン数は400以上に
メニュー

実写「鋼の錬金術師」IMAX&4DX上映決定!スクリーン数は400以上に

2017年9月29日 17:00

スクリーン数は邦画史上最大級の規模に!「鋼の錬金術師」

スクリーン数は邦画史上最大級の規模に!
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX
(C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 荒川弘氏の人気漫画を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介主演で実写映画化した「鋼の錬金術師」がIMAX、4DXで上映されることが決定した。

全世界累計発行部数7000万部を超える荒川氏の同名コミックを、「ピンポン」の曽利文彦監督が映画化。物質を変化させる“錬金術”が中心の世界を舞台に、失った母を生き返らせるため人体錬成の禁忌を犯したエド(山田)&アル兄弟が、絶大な力を秘めた賢者の石を求め旅する姿を描いた。10月25日から開幕する第30回東京国際映画祭では、オープニング作品として上映される。

9月14日に行われた「鋼の錬金術師展」のオープニングセレモニーに参加したヒロイン・ウィンリィ役の本田翼は「原作をとても大事にしているので見たいシーンが詰まっています! 錬成物が出てくるバトルシーンを実際に見ることが出来て感動しました。映像が美しい!」と本作を絶賛。同じくイベントに出席していたホムンクルス・エンヴィー役の本郷奏多も「名シーンをふんだんに再現している。今までの日本映画のクオリティじゃないレベル」と曽利監督が創出した圧巻の映像美に舌を巻いていた。

高品質デジタル映像と大迫力サラウンドシステム、床から天井、左右の壁いっぱいにスクリーンが広がるIMAX上映版、そして数々の名シーンにマッチした形で、映画を“体感”できる4DX上映版で作品を堪能すれば、「鋼の錬金術師」の世界が一層楽しめるはずだ。また、IMAXと4DX上映が決定したことで、邦画史上最大級規模のスクリーン数での公開となった。近年のワーナー・ブラザース映画配給作品としては、「デスノート Light up the NEW world」の379スクリーン、「銀魂」の335スクリーンを超えた、トータル約400スクリーン以上での上映を予定している。

鋼の錬金術師」は、12月1日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi